お金

【2022年最新】いま太陽光発電に投資するメリット・デメリット

  • #太陽光発電投資

【2022年最新】いま太陽光発電に投資するメリット・デメリット

投資先として太陽光発電への投資が気になっている人は多いのではないでしょうか?
太陽光発電は国が積極的に支援をして流行っている分野であり、投資先として魅力を感じる人が多いです。
しかし、具体的に太陽光発電投資の仕組みやリスクを知っていないと、実際に投資をするのに不安を感じる人もいるでしょう。
本記事では、太陽光発電投資の基本的な仕組みからメリット・デメリット、成功させるコツまで解説していきます。

太陽光発電への投資とは?

太陽光発電とは、太陽光パネルによって電気を作り出す発電方式です。
再生可能エネルギーとして注目されており、国は積極的に支援しています。

太陽光発電では発電した電気を電力会社に売ることが可能です。
この仕組みを活用して、太陽光発電を投資案件として運用できます。

実際に太陽光発電の投資を始めるには、発電所を購入しなければいけません。
そして、購入した発電所から得られた電力を売電して収入を得ます。
太陽光発電投資で利益がでる仕組みについてはこちらの記事「太陽光発電投資ってどんな仕組みで利益がでるの?」で詳しくまとめていますので、参考にしてください。

太陽光発電投資の物件はたくさん出ており、かなりの数の物件が取引されているのが現状です。
日本各地で太陽光発電が行われており、様々な種類の物件の中から選ぶことができます。

太陽光発電への投資と聞くと多額のお金が必要だとイメージする人が多くいらっしゃいます。
しかし、実際には金融機関のローンを利用して物件を購入する人が殆どで、自己資金が0円からでも太陽光発電に投資することが可能です。

最近は太陽光発電投資をサポートするサービスが増えています。
ココザスでは資産形成事業として太陽光発電投資の商品を案内可能です。
担当コンサルタントが一から太陽光発電投資の仕組みからリスクまで説明することはもちろん、最初から最後までしっかりとサポートしています。

今後も国は太陽光発電へのサポートに力を入れていき、売電の制度も継続していくでしょう。
そのため、これからも投資先の一つとして太陽光発電にぜひ注目してください。

太陽光発電の投資で利益を得る仕組み

太陽光発電への投資で利益を得られるのは、FIT制度があるからです。
FIT制度とは「固定価格買取制度」のことであり、再生可能エネルギーを普及させるために2012年からスタートしました。

FIT制度によって、太陽光など再生可能エネルギーによって発電した電気を国が定めた価格で電力会社に売電できます。
発電した電気を電力会社の送電線につないで送ることができ、電力の買い取り費用の支払いを受けられるのです。
太陽光発電投資に関する制度についてこちらの記事「FIT制度と2022年4月から始まるFIP制度とは?詳しく解説!」も参考にしてください。

FIT制度で太陽光によって得られた電力を売電して受け取れるお金のもとになっているのは「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」です。
再エネ還付金は電気代に上乗せして集められており、1kWhあたりの単価が決められています。
再エネ還付金があるため、太陽光発電で多くの人が売電をしても、安定して支払いが行われるのです。

また、産業用太陽光発電の電力の買取期間は20年とされています。
20年間は、基本的に売電価格は変わらないため、事前の予測通りの収益を得られることがメリットです。
ただし、20年間の買取期間が終了した後は、電力会社が電力を買い取る義務はなくなります。
その後に継続して電力会社が電力の買取をしてくれるのか現状では分かりません。
まだ、実際に20年の買取期間を終えた太陽光発電所はないからです。

電力会社と合意できれば引き続き売電を行うことができます。
また、20年後も再生エネルギーの需要がなくなるとは考えにくいため、期間終了後も継続して売電収入を得られるでしょう。
したがって、太陽光発電への投資は20年以上も継続して電力を売電して収入を得られる投資といえるのです。

太陽光発電所を設置する際には、太陽光パネルやパワーコンディショナー、架台、工事費用などの費用がかかります。
最初に設備投資として費用がかかり、ランニングコストも発生しますが、安定して電力を得ることができれば、費用を回収して収益を得られるでしょう。

太陽光発電に投資する4つのメリット

太陽光発電への投資には以下のようなメリットがあります。

(1)利回りが高い
(2)景気に影響されない
(3)節税できる
(4)面倒な作業は不要

それぞれのメリットについて詳しく解説しましょう。

(1)利回りが高い

太陽光発電投資は利回りの良い商品が多いのが特徴です。
表面利回りが10%を超える物件もたくさんあります。

太陽光発電投資を始めるのに土地を購入して、システムと設備の設置が必要になるのですが、これらの費用を含めても利回りは高いと言えます。

また、FIT制度によって、20年間はずっと同じ売電価格で電力を売り続けられるため、将来の収益を高い精度で予測できるのもメリットです。
高い利回りを20年間ずっと維持し続けられるため、多くの収益を得られるでしょう。

(2)頭金0円でもスタートできる

太陽光発電投資を始めるためには初期費用として1,000万円程度かかります。
なかなか1,000万円の費用を自前で準備するのは難しいですが、銀行から融資を受けることができるため、初期費用をすべて自分で用意する必要はありません。

場合によっては、頭金0円からでもローンを組めるケースがあります。
自己資金がほとんどない状態でも太陽光発電投資を始められるのです。

ただし、現在の収入やすでに利用している住宅ローンなどの状況により、融資の困難さが異なってくる点には注意しましょう。

(3)節税できる

太陽光発電投資を始めることで節税できるケースがあります。
ただし、売電する方法や発電所の容量により、適用できる節税制度は異なる点には気をつけましょう。

例えば、減価償却や特別償却を適用できるため、税金を抑えることができます。
システム導入時にかかった費用について消費税還付を受けることも可能です。
また、太陽光発電の設備の設置費用やメンテナンス費用、パワーコンディショナーの電気代などは経費計上できます。

(4)面倒な作業は不要

太陽光発電投資を始めるのに特に面倒な作業は必要ありません。
最初に設置をしてしまえば、後は年に数回清掃を行い、定期点検をするだけ。

また、基本的に太陽光発電の維持は管理会社に任せる人がたくさんいます。
管理会社が日々のメンテナンスをしてくれるため、すべてを任せられるのです。

自分で毎日データをチェックして、異変に気がついたときには管理会社に伝えれば、すぐに現地までスタッフを派遣して対応してくれます。

太陽光発電に投資する4つのデメリット

太陽光発電に投資するデメリットは以下の通りです。

(1)天候の影響を受ける
(2)天災により被害が生じる可能性がある
(3)出力抑制による影響を受けることがある
(4)土地の状態によってはメンテナンス費用が高くなる

デメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)天候の影響を受ける

天気が悪くなれば太陽光発電の最大出力が出せなくなります。
効率的に太陽光発電をするためには、気温や気候がベストの状態を維持する必要があるからです。

例えば、気候変動の影響を受けて例年よりも雨の日が続くようなことがあれば、売電量が減ってしまいます。

ただし、年間を通してみると発電量にあまり違いがないのが太陽光発電の特徴です。
そのため、よほど天候に大きな変化がない限りは、安定して売電量を維持できます。

(2)天災により被害が生じる可能性がある

太陽光発電は天災により被害が生じるケースがあるため注意しなければいけません。
地震や台風、大雪、津波などの影響を受けます。
また、大雨で浸水して設備が壊れるケースもあるのです。
あるいは、強風によって設備の一部が吹き飛ばされることもあります。

設備の一部が吹き飛んで周囲の民家に被害をもたらし、損害賠償請求を問われるリスクもあるため注意しましょう。

(3)出力抑制による影響を受けることがある

太陽光発電は出力抑制の影響を受けるケースがあります。
電力会社は電気の需要と供給のバランスを維持する必要があり、電力の供給過多を避けるために出力抑制することがあるからです。

電力の供給過多が起きると電気の需給バランスが崩れてしまい、変電所が影響を受ける恐れがあります。
電気が逆流して大停電を引き起こすこともあるため、発電量を調整するために電力抑制が実施されるのです。

エリアや電力会社、設備容量によって、出力抑制の対象になるかどうかが決まります。
事前に出力抑制の対象になるか確認しておきましょう。

(4)土地の状態によっては費用が高くなる

太陽光発電を行う土地の状況によっては、費用が高くなるケースがあります。

例えば、雑草が生えやすいエリアの場合は、雑草対策のために費用がかかるでしょう。
農地に太陽光発電を設置したい場合は、農地転用費用がかかります。
木や石などが邪魔になる場合は、砕石や伐採の費用が発生するのです。
土地を選ぶ際には費用に影響を与える要素がないか、チェックしておきましょう。

ここまでメリット・デメリットをまとめましたが、いかがでしょうか?
太陽光発電投資は安定的な収入も見込め、魅力的な投資の一つですよね。
しかし、実際に取り組もうと思うと運用後の出口戦略なども気になるところだと思います。

ココザスでは、これから太陽光発電投資を始められる方に向け、基礎知識が学べる無料セミナーを開催しています。
メリット・デメリットなどの比較はもちろん、下記事項も学ぶことができます。

・国が保証してくれる仕組みが分かる
・物件選定のポイントが分かる
・翌年の還付金の仕組みが分かる

セミナー後には実際にコンサルタントに不明点を聞く事もできるので、太陽光発電投資に対する知識がぐっと身に付けることができます。
1分で参加申込できますので、まずは開催日程をチェックしてみてください。

太陽光発電への投資を成功させる3つのコツ

太陽光発電への投資を成功させたいならば、以下のコツを意識しましょう。

(1)あえて中古物件を選ぶという選択もあり
(2)事前に多くの情報を集めておく
(3)保険に加入しておく

成功のコツを詳しく解説しましょう。

(1)あえて中古物件を選ぶという選択もあり

太陽光発電の投資を始める際には、新規に設置することにこだわる必要はありません。
中古物件の方が利回りが良くなるケースがあるからです。

中古物件は過去の売電単価で太陽光発電を始められます
基本的に古い物件は高い売電単価が設定されており、新規物件よりも利回りが良いです。
また、中古物件であれば、これまでの稼働実績があり、将来の発電量をシミュレーションしやすくなります。

(2)事前に多くの情報を集めておく

太陽光発電投資の物件を選ぶ際には多くの情報を集めておきましょう。

必ず現地を訪れて、周辺環境や日照条件などを確認しておくべきです。
説明を受けるだけではわからない点がたくさんあり、後悔しないためにも現地確認は重要になります。

現地の日照時間や気候など細かな点も調べておきましょう。
気象庁のホームページを活用すれば、過去の気象データが公開されています。

また、設備の盗難にあう可能性もあるため、管理体制にも注目しましょう。
フェンスなどが設置されているか、監視機器や赤外線装置はあるかといった点をチェックすることが大切です。

(3)保険に加入しておく

自然災害によって設備が壊れるケースがあります。
そんな時のために、売電補償や自然災害補償などが用意されているか確認しましょう。

また、万が一のリスクに備えるために保険に加入することをおすすめします。
災害や盗難、出力抑制による損害を補償する保険があるためチェックしましょう。

まとめ

今回は太陽光発電に投資するメリット・デメリットについて解説しました。

太陽光発電投資は、高い利回りを期待できて、売電単価が20年間固定されるのがメリットです。比較的シミュレーションがしやすくて、安定した収益を期待できます。
ただし、天災による被害を受けるリスクがあり、設置環境によっては費用が高くなりやすい点はデメリットです。

現在は太陽光発電投資について相談できるサービスがたくさんあります。
ココザスは、専門的な知識のあるコンサルタントが太陽光発電投資についてサポートいたします。

太陽光発電への投資に興味のある方は本記事を参考にしてください。

関連記事

Page Top