【SE・エンジニア】年代・役職で見る年収相場


仕事を続けて20代30代40代と年齢を重ねる上で給与のことは正直気になりますよね。

そういった意味でもSE・エンジニアは技術専門職なので、実力があれば昇進や転職による年収UPを目指しやすいという特徴があります。

そんなSE・エンジニアのあなたは将来のことを考えると、自分の今の年収が世間的にどれくらいの位置付けなのか気になっているのではないでしょうか?

ここでは代表例として、システムエンジニアの年代・役職別の年収相場について紹介いたします。

SE・エンジニアの年代・役職別の年収相場

年代別の年収相場

システムエンジニアの平均年収(※1)を全業種の平均年収(※2)と比べてみると以下となります。カッコ内が全業種の平均年収です。

20代:420万円(346万円)
30代:548万円(436万円)
40代:696万円(517万円)

やはり専門職なのでどの年代でも全業種の平均年収より高めで、30代以上は100万円以上も違ってきます。

誰にでもできる仕事ではないのと、時代が求める職業であることが反映されていますね。

また、年齢とともに上昇していることは、次の役職別の年収相場にも関係します。

役職別の年収相場

システムエンジニアの役職別平均年収(※1)は以下となります。

主任:563万円
係長:701万円
課長:926万円
部長:1024万円

誰もが部長まで昇進できるわけではありませんが、役職が上がれば大幅な年収UPが期待できますし、それを知っているだけも仕事のモチベーションが上がるものです。

(参考:
※1:平均年収.JP https://heikinnenshu.jp/it/se.html
※2:給料BANK https://kyuryobank.com/allage_salary

 

SE・エンジニアの年収UP方法

年収相場を見てどう思われたでしょうか?「自分の年収は相場より低いからどうにかしたい!」「こんなに上を目指せるならもっと上を目指したい!」と思ったあなたに、年収UPの具体策を3つ紹介いたします。

1.社内昇進

これはどの会社でも王道の手段ですが、SE・エンジニアは実力さえあれば他の業種に比べて昇進しやすいというメリットがあります。

ですので、最新技術を常に勉強してスキルアップを怠らないことが大切です。また、それだけでなく、特に社内昇格にはマネージメントやコミュニケーション能力も重要になってくるため、技術以外の研修や会議・重要な会食にも積極的に参加することをおススメします。

2.転職

技術的なスキルは会社を問わずに応用できるため、腕に自信のある方は転職サイトや転職エージェントに登録して、より高給な会社に転職することが効果的です。

また、今の会社での評価が思わしくなくても、あなたのスキルが喉から手が出るほど欲しくて高く評価してくれる会社もあるかもしれません。ぜひともまずは自分の転職市場でのニーズを確認してみましょう。

3.独立(フリーランス)

近年はフリーランスで活躍する人がよく話題になりますが、SE・エンジニアは特有の技術を持っているので会社から独立しやすいというメリットがあります。

実際にランサーズやクラウドワークスのようなフリーランス向けサービスでも、SE・エンジニア向けの仕事依頼は非常に多く見つかります。

もちろんリスクはありますが、成功すれば会社に決められる年収の上限はありません。せっかくスキルを持っているなら選択肢として考えておきたいですね。

 

SE・エンジニアのリスクと対策

このようにSE・エンジニアの最大の特徴は専門的なスキルにより社内外で実力勝負できるということですが、逆に言うと最新の技術に追い付けなくなるリスクや、社会の変化で自分の専門分野の需要がなくなってしまうことも考えられます。

IT系の業界は時代の流れが早いですし、もし自分がそうなったらと考えると不安になりますよね…

そうなった場合の収入減少に備えて、今のうちからできることがあります。例えば、高い年収を活かして「副業・不労所得(資産運用)を行うまたはその知識を身につける」。支出の面では「不要な出費を抑えるための節約法を知る」「保険を見直しておく」といった行動を行うことが重要です。

これらは普段SE・エンジニアとして生活していてもなかなか学ぶ機会がないですし、お金のことは友人であっても話しづらいものです。ぜひ当サイトを活用したり、不安なことは専門家に相談してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?SE・エンジニアの年代・役職別の年収相場を知ることで、あなた自身が周りと比べて評価されているのかどうかがお分かりいただけたかと思います。

技術専門職という特性上、実力次第で年収を増やすことができるので継続的なスキルアップが重要であることを覚えておいてください。

また、技術には流行り廃りがあるため、将来に向けてお金に関する知識も身に付けておくことをおススメします。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「【SE・エンジニア】年代・役職で見る年収相場」でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社ではお金に関するWEB記事だけではなく、無料メールマガジンも発行しております。
メールアドレスをご登録いただくと限定情報や最新サービス、そしてセミナー開催情報を受け取ることができます。
https://03auto.biz/clk/archives/kkakvw.html

Pocket