【看護師】年代・役職で見る年収相場

いつの時代も社会から必要とされる看護師の仕事についているあなたは、医療関係の資格職ということもあり、ハードワークでも誇りとやりがいをもって働いていると思います。

しかし日々人のために働いているけれど、自分の生活を振り返ると「多忙な毎日に見合った給与がもらえているのか?」「学生時代は看護師になるために頑張ったが、他の職種に就いた友達と比べてお金的には報われているのだろうか?」と思うことはないでしょうか。

ここではそんなあなたの疑問に応えるため、看護師の年代・役職別の年収相場について紹介いたします。

看護師の年代・役職別の年収相場

年代別の年収相場

看護師の平均年収(※1)を全業種の平均年収(※2)と比べてみると以下となります。

カッコ内が全業種の平均年収です。

20代:347万円(346万円)
30代:419万円(436万円)
40代:454万円(517万円)

看護師の年収は平均でみると20代の若いうちは全業種の平均とほぼ同等ですが、30代以降では全業種の平均より若干低くなるということがわかります。

ただし看護師の給与は高時給な夜勤をどれだけこなすかで大きく変わるために、働き方次第では大きな上ぶれも期待できます。

役職別の年収相場

看護師の役職別平均年収(※3)は以下となります。

主任看護師:648万円
看護師長:650~800万円
総看護師長:700~1000万円

現場作業中心の一般看護師から、現場のシフト管理や上長のサポート業務も行う主任看護師、さらには各病棟の看護師のトップである看護師長まで昇格すると年収は大きく上昇します。

またごく一部の人しかなれないですが、病院の全看護師のトップになる総看護師長にまでなると夢の年収1000万円が見えてきます。

若いうちは非常に多忙な業務量に対して年収の割が合わないと思うこともあるかも知れませんが、しっかりキャリアを積んでいけば、やがて平均を大きく上回る年収を得ることができます。

(参考:
※1:DODA https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/
※2:給料BANK https://kyuryobank.com/allage_salary
※3:給料BANK https://kyuryobank.com/iryo/kangoshi.html

看護師の年収UP方法

看護師の年収相場はいかがでしたでしょうか?目標がはっきりしてモチベーションになった方もいれば、「必死に働いているのにこんなに貰えていない、なんでだろう」と感じた方いるのではないでしょうか。

多忙な毎日の中、やりがいだけでなくお金も報われたいあなたのために、3つの年収アップの方法を紹介いたします。

1.夜勤・休日出勤を増やす

看護師の皆さんは、そんな当たり前のことは言われなくても分かるとお思いでしょう。

しかし他の職業についている人は、なかなか自分の意思で本業の収入を短期で上げることはできません。

このように短期的な収入を上げる選択肢があるというのは、常にシフト勤務をしている看護師の特権とも言えます。もちろんくれぐれも無理のない範囲で行ってください。

2.都市部の病院への転職

実は看護師の求人は、地方によって月給が大きく異なります。

たとえば大手求人サイトを見てみると、札幌では月給20万円~34万円の求人しかでてこなくても、東京都のような人口の多い都市部では月給26~41万円の求人がでてくることがあります(※3)。

あくまで一般論で都市部の方が絶対に給与水準が高いというわけではありませんが、看護師は資格職でかつ全国的に需要も高いので、心機一転新たな地で再スタートすることがあなたのキャリアにいい影響を与えてくれるかもしれません。

3.副業(アルバイト)

実は看護師で意外とやっている人が多いのが副業のアルバイトです。

特に健診・検診バイトやデイサービス・訪問介護などの、資格が活かせる比較的高時給の単発アルバイトに人気があるようです。

ただでさえ本業がハードワークなので、もしチャレンジする場合はくれぐれも体調に気を付けてくださいね。

なお国公立病院で働いている場合は副業は禁止ですし、一般病院でも職場の規程で副業禁止になっていないかは確認しましょう。

看護師のリスクと対策

看護師はその仕事の重要性ゆえにどうしても負荷が高く、離職率も11%を超える(※4)とても忙しい職業です。

副業どころか転職もままならない日々を過ごしているかもしれません。

将来の結婚や子育て、老後のことも考えると、このまま続けられるのか不安になってしまうことはありませんか?

そんな将来のこともしっかりと考えられるあなたは、「もし看護師を辞めても収入減を最小化する」ことを考えて行動すればよいのではないでしょうか。

具体的には生命・医療保険だけでなく、働けなくなった時の収入を補ってくれる収入保障保険も検討してみてはいかがでしょうか。

また配当収入を得るための株式投資や、看護師であるあなたの高い社会的信用を生かしてローンを組んで行う不動産や太陽光発電への投資も、もしもの時の不労所得としてあなたとその家族を支えることができるかもしれません。

専門外の保険や投資の勉強をする時間を取れないようでしたら、ぜひ当サイトの主要ページを読んでいただくか、専門家にアドバイスを求めることで、少しでもあなたの将来に役立つお金の知識を付けていただければと思います。

(参考:
※4:SUPER NURSE http://www.supernurse.co.jp/contents/tenshoku_knowledge/rishokuritsu.html/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

看護師の仕事は若いうちは比較的高収入ですが、非常に離職率も高く多忙なお仕事です 。

しかしやりがいを感じることができ、世の中にとても必要とされる職業でもあります。看護師を一生続けられるなら問題ありませんが、もしその自信が今はないのなら、ぜひお金の知識を身につけて、もしもの事態に陥った時もあなたと大事な人を守れるように準備しておくことをおススメします。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「【看護師】年代・役職で見る年収相場」でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社ではお金に関するWEB記事だけではなく、無料メールマガジンも発行しております。
メールアドレスをご登録いただくと限定情報や最新サービス、そしてセミナー開催情報を受け取ることができます。
https://03auto.biz/clk/archives/kkakvw.html

Pocket