【薬剤師】年代・役職で見る年収相場


手に職を付けるという言葉がありますが、この言葉がまさにぴったりなのが薬剤師のお仕事ではないでしょうか。

6年制の薬学部を卒業し、さらに薬剤師国家試験に合格するという長い努力の末にたどり着ける日本を代表する資格職です。

そんなあこがれの薬剤師になれたあなたは、今の給料や今後の年収に満足しているでしょうか?一般的に薬剤師は比較的高給な仕事と思われがちですが、「もし他職種に転職すると相場はどれくらいなの?」「社会人になるのが少し遅く、奨学金もあるので将来のお金のことが心配」などの疑問やお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

ここではそんなあなたの疑問に応えるため、薬剤師の年代・役職別の年収相場について紹介いたします。

薬剤師の年代・役職別の年収相場

年代別の年収相場

看護師の平均年収(※1)を全業種の平均年収(※2)と比べてみると以下となります。カッコ内が全業種の平均年収です。

20代:442万円(346万円)
30代:533万円(436万円)
40代:569万円(517万円)

このようにデータでみると、あらためて薬剤師という仕事は他の職種と比べて高給ということがわかります。特に20代の若いうちは全業種の平均より3割近くも年収が高いです。

しかし薬学部は6年間のために社会に出るのが一般的な大卒より2年遅いことや、奨学金を借りる場合は返済額も大きくなりがちなため、実感としてはそこまで余裕を感じられないかもしれません。

役職別の年収相場

薬剤師の役職別平均年収(※3)は以下となります。

薬剤師全体:563万円
薬局長:812万円

一般的には薬剤師として雇用されると、調剤や説明業務に選任しながら年功序列的に年収が上昇していくことが多いです。薬局の中でトップの薬局長になると、ただでさえ平均より高い年収はさらに大きく上昇します。

(参考:
※1:DODA https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/
※2:給料BANK https://kyuryobank.com/allage_salary
※3:給料BANK https://kyuryobank.com/iryo/yakuzaishi.html

薬剤師の年収UP方法

薬剤師の年収相場はいかがでしたでしょうか?他の職種と比べると比較的恵まれた年収であるとお分かりいただけたと思います。

しかし年収相場でも言及しましたが、薬剤師になるために多くの時間とお金を費やしてきた分、それに見合った収入とを現在感じられているかはひとそれぞれ。ここでは将来のためにも、より大きな年収を得るための方法を3つ紹介いたします。

1.かけもちで仕事をする

こちらは資格職ならではの稼ぎ方で、周りの薬剤師のご友人でも経験者はいるのではないでしょうか。

本業の職場の就業規則に副業禁止がないかだけは気をつけないといけないですが、本業のクリニックの空き時間にドラッグストアのアルバイトを入れたりして、効率よく収入を上げることができます。

資格職なのでアルバイトでも高時給なのが魅力ですね。

2.他の薬局への転職

この方法は職業によらず一般的な方法ですが、薬剤師のあなたは資格があるので転職しやすく、また転職直後も給与が下がりにくいという大きなメリットがあります。

最近では病院・薬局以外にもドラッグストアチェーンや一部スーパーにも求人が増えており、条件に合った職場を探す選択肢は増えています。

3.資格を活かした他の職種への転職

少しチャレンジになりますが、製薬企業の医薬情報担当者(MR)に転職するとこちらは営業職なので成績次第では大きな年収増加が期待できます。

また大学等の研究機関で新薬開発に携わったり、(年齢制限はありますが)公務員として保健所や検疫官で働くという選択肢もあります。

薬剤師の資格を活かせる職業は企業・医療関係・公的機関など広範にあるので、ぜひ一度広い視野でご自身のキャリアを考え直すと、年収的にも経験的にもより良い職場があるかも知れません。

薬剤師のキャリアと資産運用

薬剤師のあなたは資格によって比較的高い年収を得られるので、ご自身のライフステージに合わせた働き方をしながら(子育ての時期は仕事を減らしたり、パートナーの転勤に同伴して転勤先で再就職など)キャリアを全うすることもできるでしょう。

ここで薬剤師の特徴を活かしたもうひとつの生き方として、30~50代でアーリーリタイアして悠々自適に第二の人生を歩みだすという選択肢も紹介いたします。

これは具体的には薬剤師であるあなたの高収入と高い社会的信用を活かして、株式投資や不動産・太陽光発電投資などで不労所得を最大化して、支出よりも不労所得の方が多い状態をつくりだすことです。

当然これらの投資に前知識なしで挑戦することはおススメできないので、もし興味を持たれましたら当サイトの関連記事をご覧いただいたり、専門家に相談いただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

薬剤師の年収は他の職種より高く、さらに年収をアップさせる様々な方法があることがお分かりいただけたと思います。

そこで更なる自由な人生として、アーリーリタイアも目指せることを紹介しました。

そのためには投資の知識が必要なのでぜひ今のうちから知識を付けておくことをおススメします。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「【薬剤師】年代・役職で見る年収相場」でした。

Pocket