給与以外でお金を増やす方法として知っておくべきコレ

あなたは今働いている会社の給与に満足していますか?

「給料の額に大きな不満・不安はないけれど、もう少しだけ余裕が欲しい」
「お金があと5万10万あればもっと自分の好きなことに使えるのに……。」
「お金がもう少しあれば、貯金できるようになるのに……。」

と、よく考えている方もいらっしゃると思います。

2016年に、働き方改革の一環として正社員による副業や複業(兼業)が、容認され、2018年には厚労省「モデル就業規則」の新規追加条文「副業・兼業」についてで、兼業が原則認められるようになりました。

世の流れとして、多様な働き方が推奨されている時代でもあります。

そこで、この記事では、正社員の方が、給与以外に副業としてお金を増やす方法をご紹介します。

副業の種類や、副業にかける時間、稼げる金額の目安についても、具体的なデータをもとにお伝えします。

正社員の副業は、アルバイトやネット系が多い

2018年に、転職サイト『エン転職』が、「副業」について20代~40代の正社員約3000人を対象に実施したアンケートでは、副業経験がある方は32%でした。

そして、経験したことのある副業を聞いたところ、多かった順に以下の通りとなりました。

アルバイト(接客・販売・サービス系) 59%
アンケートモニター・ポイントサイト 22%
ネットオークション・フリマサイト 15%
株式運用、FX、不動産運用 13%
クラウドソーシング 6%
アフィリエイト 6%

トップの「アルバイト(接客・販売・サービス系)」以外は、主にインターネットを活用したものとなっています。

いわゆる接客などを行う一般的なアルバイトは、人目につきやすいため、たとえ副業OKをうたっている会社でも、「同僚に見られたくない」など、心理的抵抗が大きいと思います。また、体力的にも、本業との両立はハードです。

2位のアンケートモニターは、ネット環境があれば2〜3分からの隙間時間でできるのが最大の特徴で、まとまった時間を取れない忙しい会社員でも出来るのが魅力です。

3位のネットオークション・フリマサイトは、家にある不用品を出品して、買い手がつけば収入を得られるサイトです。手軽さやハードルの低さがメリットです。

株式運用、FX、不動産運用は、始めるにあたり、ある程度の知識は必要となりますが、慣れればパソコンやスマホなどを使って気軽に継続できます。

クラウドソーシングとは、「ネット上で不特定多数の人に業務を発注すること」で、最近ではクラウドソーシングを提供するサイトが多くあります。ライティング業務や、アプリ開発のようなプログラミング業務、デザイン業務などがメインです。自分の得意分野やスキルなどを活かせる仕事を選べれば、本業のプラスとなるキャリアを築ける可能性もあります。

では、正社員の方々は、実際にこれらの副業にどのぐらい時間をかけて、いくらぐらいを手にしているのでしょうか。

副業の目安は週10時間未満、月収5万円程度

会社員が副業をするにあたっては、まずは副業によって体を壊さないこと、本業に支障をきたさないことが第一です。

上記アンケートによると、副業経験者が副業に費やしていた時間は、「週に5時間未満」が約6割でした。

また、月の収入額は「1〜5万円未満」が約半数を占めました。

詳しいデータは下記の通りとなります。

副業に費やしていた時間

1時間未満 13%
1~3時間未満 24%
3~5時間未満 23%
5~10時間未満 24%
10時間以上 16%

副業で得た収入

5000円未満 13%
5000~10000円未満 14%
10000~30000円未満 25%
30000~50000円未満 22%
50000円以上 26%

上記を見ると、正社員が副業にかけられる時間は多くても週10時間未満、得られる金額は多くても月収5万円を超えないケースが多いようです。

心理的、体力的にも、本業に無理をかけないこの程度が目安と考えられます。

副業以外に収入を増やす選択肢も

いかがでしたでしょうか?

「副業を始めるのは、大変な割に、あまり月収が増えないな」と感じられた方もいらっしゃると思います。

隙間時間にできるのがメリットである副業も多いですが、時給換算すると、学生のアルバイトとそう変わらないと感じてしまうかもしれません。

しかし、正社員の方がお金を増やす方法は、副業に限らず、投資などいくつかあります。

この記事を読んで、

「副業だけじゃ足りない」
「将来のために貯金したいが、自分ではうまく計画を立てられない」

と思った場合は、ぜひ専門家に相談してみることをおすすめします。

投資はリスクが怖いと考えがちですが、リスクを最低限に抑えつつ、無理のない投資プランを専門家は提案してくれます。

まとめ

将来に向けて、貯金や自己投資をしたいと考えていても、日々の給与が少ないと後ろ向きになってしまいがちです。

この記事が、あなたがご自身のライフプランとお金について考える際に、少しでも前向きになる手助けとなれば幸いです。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「給与以外でお金を増やす方法として知っておくべきコレ」でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社ではお金に関するWEB記事だけではなく、無料メールマガジンも発行しております。
メールアドレスをご登録いただくと限定情報や最新サービス、そしてセミナー開催情報を受け取ることができます。
https://03auto.biz/clk/archives/kkakvw.html

Pocket