正社員も不安定…給与以外の収入を得る方法

正社員で働くあなたは、ご自身の収入に満足していますか?

「正社員で働いているのに、なかなか給料が上がらない」

という悩みを抱えている方もいるかと思います。

「正社員は拘束時間も長いし、責任も多いし……。『安定している』と言われるけれど、今の世の中そんなことも無いし……」

と、正社員以外の働き方も選択肢に入れ始めてる方もいるかもしれません。

この記事では、正社員で働くことのメリット、デメリット、そして正社員で働きつつも給与以外の収入を得る方法について、お伝えします。

正社員のメリット・デメリット

一般的に正社員のメリットとして挙げられていることは、

・昇給がある
・ボーナスがある
・福利厚生が良い
・ローンが組みやすい、クレジットカードが作りやすい
・退職金がもらえる
・世間体が良い
・転職にも有利
・産休や育休がとりやすい
・解雇されにくい

などです。

逆に、正社員のデメリットとして挙げられるのは、

・残業がある
・責任のある仕事や負荷の高い仕事から逃れられない
・(特に若い時は)派遣社員の方が時給換算すると得なこともある

などです。

この記事をお読みになっている若い正社員の方は、「派遣社員に時給で負けている」と、歯がゆく感じる時もあるかもしれません。

この記事では特に、正社員の給与に関する実態について取り扱います。

結論から言うと、お金のことについては、目先の時給よりも、長期的なメリットが大きいのが正社員です。

正社員と非正社員の時給差は約700円

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、所定内給与額を所定内実労働時間数で除した時給の平均で比較すると、2016年時点の非正社員と正社員の差については、所定内給与額ベースで 1.5倍、年収ベースで 1.8倍程度となっています。

所定内時給でいうと、正社員はここ10年で平均1900円台でほぼ変わらないのに対し、非正規社員は1110円台から1200円台程度に上昇しています。

しかし、両者の時給は700円程度の差が依然としてあります。

つまり、「時給換算で派遣社員の方が得」に見えるのは、入社時期の浅い時期のみであって、平均をとるとこんなに大きな差があると分かります。

この差は今後減少していくと思われますが、急激な変化は見込まれないでしょう。

更に、基本的に有期雇用である非正社員に対して、長く働くことができる正社員には以下のようなメリットもあります。

正社員は勤続年数によって年収が上がる

正社員が同じ企業等で継続して働き続けると、非正社員との賃金差はもっと広がっていきます。

2015年の国税庁「民間給与実態統計調査」によると、勤続年数によって変わる給与の平均は以下の通りです。

1~4年 299.2万円
5~9年 375.5万円
10~14年 436.5万円
15~19年 499.5万円
20~24年 581.1万円
25~29年 634.4万円
30~34年 669.1万円
35年以上 540.7万円

勤続35年以上のデータは定年後の数値も含まれているため、数値が減少していますが、勤続34年の時は、入社一年目の時の倍以上の額となるのが分かります。

これに比べて、コストカットの目的で採用されやすい派遣社員や非正規雇用では、そもそも長く働くことが難しいため、賃金も増加しにくいです。

また、高齢になるほど「雇用止め」「派遣切り」になり、急に解雇されるリスクも発生します。

比較として、派遣社員の年収のデータも見ておきます。

厚生労働省の平成27年度のデータをもとに年収を換算すると、

一般派遣労働者  278.8万円
特定派遣労働者  367.3万円

となります。
正規社員の年収は485 万円(国税庁民間給与実態統計調査による)となりますので、このデータを見ても、正社員とそれ以外では大きな給与差があるのがわかります。

正社員が給与以外の収入を得る方法

いかがでしたでしょうか?

たとえ時間的・精神的拘束が多くとも、正社員でい続けることの方が、お金の面でのメリットは大きいです。

「今の時代、正社員だとしても不安定。いつ解雇されるか分からない」
「世の中の流れが変わって、自分が中年になる頃には終身雇用もすたれているだろう」

こう考える方も多いかと思いますが、しかしたとえ解雇されても、再就職の際に有利なのは、元正社員です。

そして、「不安定」とは言っても、非正社員に比べれば、はるかに安定しているのも正社員です。

では、正社員の立場を維持するとして、伸び悩む給料、精神・時間的余裕のなさ、解雇の不安を抱えたまま、収入を増やすにはどうしたらいいのでしょうか。

その答えの一つが投資となります。

投資はリスクが怖いと考えがちですが、リスクを最低限に抑えつつ、無理のない投資プランを専門家は提案してくれます。興味を持った方は、ぜひ専門家に相談してみましょう。

精神的、時間的に余裕が無く、副業も難しい正社員の方にも、収入を増やすプランとしてぜひおすすめします。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「正社員も不安定…給与以外の収入を得る方法」でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社ではお金に関するWEB記事だけではなく、無料メールマガジンも発行しております。
メールアドレスをご登録いただくと限定情報や最新サービス、そしてセミナー開催情報を受け取ることができます。
https://03auto.biz/clk/archives/kkakvw.html

Pocket