転職でも給与は上がらない!?転職以外で収入をあげることはできる

あなたは、転職を考えたことはありますか?

「収入をあげたくて転職サイトを見てみたけど、あまり給料が上がらないようで落ち込んだ。」
「今の時代、転職して本当に給料が上がるかどうか分からない。」

すでに転職を視野に入れたものの、こんなことを思って後ろ向きな気持ちになった方もいるかもしれません。

転職で給与が上がるかどうかは、業界や企業規模によるところがあります。

あなたが、転職しても給与が上がりにくいと感じるのは、今いる業界が理由かもしれません。

この記事では、転職の実態について、具体的なデータを交えてお伝えしつつ、転職以外でも収入を上げる方法も提案します。

給与が上がる業界、上がらない業界がある

転職をするなら、長期的に見て得をする業界を選びたいものです。

2016年に公表された厚生労働省による賃金構造基本統計調査を参考にしたところ、給与が右肩上がりになる業界、そうでない業界が明らかになっています。

1 50代まで右肩上がりの業種

製造業
建設業
学術研究、専門、技術サービス業
教育、学習支援業
電気・ガス・熱供給・水道業
鉱業、採石業、砂利採取業
情報通信業
金融業、保険業
不動産業、物品賃貸業

これらの業界は、比較的古い体制を維持している社風や、労働組合が強いことが理由で、年齢とともに給料が上がりやすかったり、また50代以後に役職を外れても給与が下がりにくかったりしています。

ただし、情報通信業、金融・保険業、不動産・物品賃貸業は、給与のピークが50台前半で、それ以後は急激に下がる傾向にあります。

2 給与があまり上がらない業界

医療、福祉業
小売・棚卸業
運輸業・郵便業

これらの業界では、30代以後に、1の業界との給与差が大きくなります。

医療、福祉業界は、保険の範囲内での売り上げが決まっているので、給与も大幅に引き上げることが難しい業界です。運輸業は価格競争が激しく、給与が伸びにくいようです。

3 給与がほとんどあがらない業界

サービス業
宿泊業
飲食サービス業
生活関連サービス業
娯楽業
複合サービス事業

いわゆるサービス業と呼ばれる業種が挙げられます。

業種は、適正や好きなことをベースに選ぶことも大切ですが、もし今、こうした業界にいるのであれば、他の業界に移れば将来的な給与アップが見込めると考えられます。

更に、給与の伸びは、企業の規模も大きく関係してきます。

大企業の方が給与の伸びが良い

上記のデータでは、企業を「大企業(1000人以上)」「中企業(100-999人)」「小企業(10-99人)」の3タイプに分け、給与についての実態が調べられています。

大企業を100とした企業規模間の賃金格差は下記のとおりです。(男性の場合)

    大企業 中企業 小企業
~24歳  100   82   78
~29歳  100   96   92
~34歳  100   91   88
~39歳  100   88   84
~44歳  100   84   80
~49歳  100   84   76
~54歳  100   79   68
~59際  100   80   67
~64歳  100   79   69

いちばん差が大きい~59歳では、小企業の社員の給与は大企業の社員の67%となります。
特に小企業に勤めた場合、大企業に比べて給与の伸びが悪いことがお分かりいただけると思います。

もちろんこれは平均的なデータでしかなく、小企業の中にも給与の伸びが良い企業もありますし、そもそも、どんな企業に勤めたとしても、自分が出世すれば良いとも考えられます。

しかし傾向として、業種や企業規模によってこんな違いがあることを把握しておいた方が良いでしょう。

転職以外で収入を上げるには?

以上の通り、給与には企業規模や業種が大きく関係していることをご説明しました。

「給料を上げたい」と考えた今を機に、給与の伸びも含めて、今の仕事を検討してみるとよいでしょう。

しかし既に積み上げてきたものが多い中で、転職や別業種への転向はすぐには難しい場合もあるかもしれません。

そこで、節税法や資産運用について学ぶことがカギとなります。

年収が伸びにくい業界だとしても、正しい節税方法や資産運用方法を理解することで、資産を増やすことも可能です。

例えば年収400万円から資産運用をして早期に経済的・時間的自由を手にすることもありますので、気になる場合は一度専門家に相談してみるといいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事が、ご自身の将来のマネープランについて、前向きに考えるきっかけとなれば幸いです。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「転職でも給与は上がらない!?転職以外で収入をあげることはできる」でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社ではお金に関するWEB記事だけではなく、無料メールマガジンも発行しております。
メールアドレスをご登録いただくと限定情報や最新サービス、そしてセミナー開催情報を受け取ることができます。
https://03auto.biz/clk/archives/kkakvw.html

Pocket