お金を貯める5つの方法を紹介

「お金を貯めたい。」「でもうまく貯められず、ついつい使ってしまう……。」という人、結構多いのではないでしょうか?

将来のことを考えて、「貯金をしないといけない」と考えつつも、具体的なステップが分からない。

そして、結局何もしないまま過ごしてしまうと、後で大きな後悔をするかもしれません。

そこでこの記事では、お金を貯める5つの方法を分かりやすく説明します。

お金を貯める5つの方法

お金を貯める方法1. 貯蓄の目的と目標額を定める

まずは、「あなたが何のためにお金を貯めるか」を、はっきりさせましょう。

明確な目的がないと、目先の誘惑に負けてしまいます。

例えば、

「何歳までにこんな生活をしたいから、いくら貯めたい」
「子どもが何歳になるまでに、いくら準備しておきたい」
「老後になる前にいくら貯めたい」

など、具体的に「何年後に」「いくら」欲しいかを考えてみましょう。

そのためには、子供の養育費や老後のプランについて、調べる必要があるかもしれません。

これからのライフプランを立てるためにとても重要な事ですから、しっかり調べたうえで、貯金目標額を設定しましょう。

お金を貯める方法2. 収支を書きだし、収入を増やし、支出を削る

目標額と年数を設定したら、次は現状を把握することです。

まず自分の収入・支出を確実に知るべく、家計簿をつけましょう。

現在家計簿をつける習慣が無い人も、スマホの家計簿アプリを使い、外出先でお金を使った時にその場で記録する癖をつける。

そうすことで、家計簿をつける心理的負担はほぼゼロとなります。

また、収支も自動で出してくれるのでおすすめです。

さて、こうして収支を把握した後に、「支出を減らす・収入を増やす」方法を考えます。

「収入を増やす」ためには、何かを「売る」または「貸す」こととなります。

・オークションアプリなどで手持ちの不用品を売る
・手持ちのスキル、知識などを売る=副業を始める
・空き部屋、車、駐車場などをレンタルする

そして「支出を減らす」ためには、まず支出の大きな割合を占める固定費を削ることをおすすめします。

例えば、

・通信費
・家賃
・自動車の維持費

などは、支出のうちに占める割合が大きい分、すぐに支出削減が見込めます。

お金を貯める方法3. 口座を使い分ける

お金の種類ごとに口座を分けると、目標金額まであといくらかが一目で把握でき便利ですし、またモチベーションアップにつながります。

ポイントとしては、

・常にお金が増えていく口座をもち、モチベーションを高めること
・緊急の出費や旅行などの贅沢のために、別口座で毎月1~3万円程貯金しておくこと

が大事です。

例えば、以下のような4つの口座を用意します。

・固定費
・生活費
・緊急の出費、贅沢用のお金
・通常の貯金

給料が振り込まれたら、その日のうちにお金を各口座に振り分けます。

こうしてまずお金を振り分けてしまうことで、大事な貯金に手をつけてしまうことを防ぎます。

更に、緊急の出費があっても、通常の貯金の額が減らないので、モチベーションを落とすことなく貯金を続けられます。

お金を貯める方法4. 負債を完済する・より金利の低いローンに乗り換える

現在返済中のローンがある方は、より低金利のローンに乗り換え、少しでもたくさんのお金を貯蓄に回せるようにしましょう。

当然ですが、負債は可能な限り早く返済するに限ります。

もし、自分だけで計画するのが難しい場合は、専門家に相談してみるのも一つの手です。

専門家は、あなたの状況に合わせて無理のない提案をしてくれます。

お金を貯める方法5. 習慣を見直す

まずは、日々の習慣の中で改善できることを探しましょう。

例えば、

・マイボトルを持参してカフェ代などを節約する
・お昼のランチをお弁当に変える
・一駅程度なら電車を使わず歩く

などです。

小さなことですが、このように習慣を変えれば年数万円単位で出費が変わります。

また、お金に関する習慣にも注意を向けてみましょう。

あなたはお金をおろす時、いつ、いくらぐらい下ろしていますか? 

「毎週月曜日に2万円おろす」や「隔週で水曜日に3万円おろす」など、金額や曜日を固定して習慣かした方が、お金の管理がしやすくなります。

そして更に、自分が気付きにくい購買行動のクセに気付くのも大事です。

部屋を掃除して、

・ストレスにより衝動買いしてしまったもの
・買ったが使わなかったもの

などをチェックしましょう。

これにより、自分の買い物の傾向が分かり、無駄なものを買い控える習慣が身に付きます。

お金を貯める際の注意点

あくまで、お金を貯めるのは、ご自身やご家族の幸せな未来のためです。

お金を貯めることに執着するあまり、ストレスになってしまうのは逆効果です。

例えば、「お昼のランチをお弁当に変える」ことにより、同僚と一緒にランチする楽しみが失われてしまう。

その結果、節約効果以上のストレスがかかるとしたら、それの節約法はおすすめしません。

自分が譲れないと思う出費は、ある程度積極的に許し、楽しみながら貯金できるようにしてください。

まとめ

いかがでいたでしょうか?

この記事が、あなたがお金に関して前向きに考えるきっかけとなれば幸いです。

以上が、あなたのライフプランナーがお伝えする「お金を貯める5つの方法を紹介」でした。

Pocket