資産運用でお金を増やす方法 おすすめ5つ

「持っているお金を運用して、お金を増やしたい」「でも、リスクのことがよく分からず、怖くてなかなか踏み出せない」という人は多いと思います。

しかし、資産運用は早く始めれば始めるほど得なものです。

時間を味方につければ、自分が特に何もしなくても、着実にお金が増える方法でもあります。

この記事では、 資産運用でお金を増やすおすすめの方法を5つご紹介します。

お金を増やす方法は3つだけ

資産運用の話に入る前に、まず「お金を増やす方法」について確認します。

お金を増やす方法はいろいろありますが、必ずこの3つのいずれかに当てはまります。

1. 支出を減らす・収入を増やす
2. 定期預金などの金利でお金を増やす
3. 資産運用をする

1は、「節約して支出を減らす」「本業で昇進したり、副業をするなどして収入を増やす」ということです。

「日々の生活で精いっぱい」「貯金や運用に回すお金がない」という人は、まず日々の支出・収入の見直しからはじめましょう。

2は、お金を貯めながら金利でお金を増やしていく方法です。

しかし、現在は基本的に金利は低いですし、そこまでの収入増は見込めません。

そこで、3の資産運用が重要になってきます。

おすすめの資産運用5つ

資産運用をすれば、定期預金などの金利よりも利回りが高くお金を増やせることになります。

以下では、おすすめの資産運用を5つ紹介します。

1. 太陽光発電ファンド

企業や自治体が運営者が、ファンドと呼ばれる合同会社を作り、投資者を募集しています。
それに申し込み、太陽光発電投資を行うものです。

メリットは、特別な知識がなくとも参加できることです。

また、資産運用にかかる作業をプロに委託できること、一口一万円程度から参加できることなどがあげられます。

もちろんリスクはありますが、リスクを吸収する仕組みを備えています。

2. 不動産投資

不動産投資とは、マンションやアパートなどの不動産に投資して、利益を得ることです。

購入した物件を賃貸にして他の人に貸して賃貸収入を得たり、値上がりした後に売却して利益を得るなどの方法があります。

メリットは、運用方法を変更できることです。

たとえば、「しばらく賃貸収入を得て、大金が必要になった時に売却」「はじめは賃貸にして、その後自分が住む」などです。

また、長く物件を持ち続ければ、家賃収入を老後の生活費にあてられることも魅力です。

3. 株式投資

株式投資とは、企業が発行した株券を売買することで、利益を得ることです。

安い株券を買い、高くなったら売却することで売却益を得ることができます。

また、株券を持ち続けることで配当金を得たり、株主優待を受けることもできます。

株価は株価は常に大きく変動するため、他の方法に比べてリスクは大きいですが、保有金額以上の損をすることはありません。

株式投資の他にはないメリットとして「経済の勉強になる」「世の中に対する視野が広がる」「株主優待がある」などが挙げられます。

楽しみながらお金を増やしたい人におすすめの方法です。

4. 積立投資信託

投資信託とは、投資家が投資のプロに投資を委託し、運用してもらうことです。

そして、積立投資信託は、積立型の投資信託のことです。毎月一定額の投資信託を購入しながら、積み立てていきます。

メリットは、リスク分散がしやすいことです。

また、少額から自動的に積み立てていくため、手間がかからないことです。

5. 個人向け国債

個人向け国債は、国が、個人投資家向けに販売する国債のことです。

メリットは、ほぼリスクがなく、確実に資産を増やせることです。

そして、年率0.05%という最低金利保証があります。定期預金などよりも利回りが良く、安全にお金を増やせることが魅力です。

短期間で大きくお金が増えるわけではありせんが、コツコツとお金を増やしたい人向けです。

効率よくお金を増やす方法は、時間を味方にすること

初心者が資産運用を始めるのはハードルが高いと感じるかもしれません。

しかし、資産運用は、少しでも早く始めれば、その分確実にお金が増える方法です。

「あまり資金を持っていない」「リスクが分からず不安」という方も、まずは資産運用の専門家に相談してみることをおすすめします。

特別な知識も必要なく、1万円程度の少額から始められる投資もありますし、利回が低めな分リスクも少ない投資法から初めてみることもできます。

専門家は、あなたの状況に合わせて無理のないプランをすすめてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事が、あなたがお金に関して前向きに考えるきっかけとなれば幸いです。

以上が、あなたのライフプランナーがお伝えする「資産運用でお金を増やす方法 おすすめ5つ」でした。

Pocket