これであなたも専門家?太陽光パネル5つの種類とその特徴

太陽光発電は環境に良いだけでなく、投資対象としても魅力的であることから、個人投資家に根強い人気があります。

しかし太陽光発電投資に興味を持って調べていくと、専門用語が多くてゲンナリしてしまう方も多いのではないでしょうか?

ここでは技術的な専門用語でありながら、案件選定のキーポイントになるために知っておくべき「太陽光パネル」について、基本的な種類と特徴を解説します。

そもそも太陽光パネルとは?

①太陽光パネルのはたらき

太陽光発電投資はその名の通り、「太陽光を使って発電した電気を売って収益化する投資」です。

その中で最も大事な「太陽光で発電する」という仕事を行う装置が「太陽光パネル」です。

光の持つエネルギーを電気に変換するという、ちょうど電球と逆の原理で働きます。

②太陽光パネルの関連用語

・太陽電池モジュール

太陽電池モジュールは太陽光パネルとほぼ同義語で、購入・設置する際の最小単位になります。

太陽光パネルは様々な種類があるため、投資における重要な注目ポイントになります。

・太陽電池セル

太陽光パネルを近くでよく見ると数センチ角の四角形がたくさん見えます。
これが太陽電池セルと呼ばれる、電気回路的に見た最小単位になります。

太陽電池セルは、投資においてはあまり意識する必要はありません。

③太陽光パネルの外観と効率

・太陽光パネルの外観

太陽光パネルは光を多くとらえるために、暗色系の平たい板状の外観をしています。

サイズは用途によっていろいろですが、一般的には約1.7×1.0mで出力250W程度の太陽光パネルを複数枚組み合わせることで発電量を向上させます。

・太陽光パネルの効率

太陽光パネルの重要な指標が「発電効率」と呼ばれる、光を電気に変換する効率です。
これが高いほど小さな設置面積で大きな発電量を得ることができます。

ただし高発電効率の太陽光パネルは高価であるために、安価な低発電効率の太陽光パネルを大量導入したほうが投資効率が高い場合もあります。

このバランスは収支シミュレーションでしっかり見極める必要があります。

主な太陽光パネルとその特徴

①信頼と実績の単結晶シリコン

シリコンの純粋な結晶をそのまま太陽光パネルにしたのが「単結晶シリコン太陽光パネル」です。

特徴は高い発電効率・高い信頼性に加え、見た目にムラがなくきれいであることから、日本では高いシェアを持っています。

半面、純粋な単結晶シリコンは製造が難しいのでコストは高いというデメリットがあります。

②コスパ抜群の多結晶シリコン

単結晶シリコンのあまりを再利用することで安価に大量生産されたのが「多結晶シリコン太陽光パネル」です。

単結晶シリコンに比べると少し発電効率は劣るものの、それを補う低価格によって近年は主流になりつつあります。

単結晶の集まりなので少し色や輝きにムラが見られますが、もちろん動作には支障はありません。

③高温や影に強いCIS

実質ソーラーフロンティア社の専売品になりますが、シリコンでなく銅系の化合物(Cu, In, Se)でできているのが「CIS太陽光パネル」です。

シリコン系に比べると単純な発電効率は低めなものの、比較的安価な太陽光パネルです。

シリコン系では問題になる「真夏に高温状況になった際の発電効率低下」や「パネルの一部が日陰になった際の発電効率低下」が起きにくいために、安定した発電が期待できます。

また見た目が黒く落ち着いている点から、住宅用としても人気があります。

④優れた効率のHIT

旧三洋電機が開発し現在はパナソニックが販売している、シリコン系の異種素材をハイブリッドに積層した「HIT太陽光パネル」というものもあります。

市販の太陽光パネルの中では最も発電効率が高い部類になりますが、その複雑な製造工程からコストも高くなっています。

こちらは野立て太陽光発電投資に使われることは少なく、狭い屋根でも効率的に発電したい住宅用として支持を集めています。

⑤その他の特殊素材パネル

上記のほかに、折り曲げ可能で軽量な「有機太陽電池」や電卓等にも使われる非常に安価な「アモルファスシリコン太陽電池」、高効率で宇宙で使われる「Ga系太陽電池」などもあります。
これらは特定用途に特化して使われていますが、太陽光発電投資では一般的ではありません。

また「CdTe太陽電池」を使った太陽光パネルは欧米ではメガソーラーに採用されていますが、カドミウムを含んでいることから日本では一般的に販売されていません。

太陽光パネルの種類と特徴まとめ

いかがでしたでしょうか?

太陽光パネルは太陽光を電気に変換する、太陽光発電投資における重要な装置で、その種類はたくさんあることがお分かりいただけたと思います。

2019年現在、一般的な太陽光発電投資案件では単結晶シリコン太陽光パネル・多結晶シリコン太陽光パネル・CIS太陽光パネルが主流となっています。
しかしそれぞれ一長一短あるために、案件ごとに最適な太陽光パネルは異なります。

適切な太陽光パネルの選定や収支シミュレーションには、専門家の知見が必要になります。弊社では太陽光発電投資の案件紹介やご相談も受け付けておりますので、気になった方はぜひご連絡ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社ではお金に関するWEB記事だけではなく、無料メールマガジンも発行しております。
メールアドレスをご登録いただくと限定情報や最新サービス、そしてセミナー開催情報を受け取ることができます。
https://03auto.biz/clk/archives/kkakvw.html

Pocket