【20代・男性】平均的な貯金額はいくら?

「社会人デビューしたけど、貯金ってどれくらいするものなのだろう」こんな風に思ったことはありませんか?20代はまだ収入も少ない上にお金の管理も初めての人が多く、貯金の感覚がつかめていない人も多いと思います。
では、そんな20代男性の平均的な貯金額はいくらなのか?そもそもなぜ貯金が必要なのか?について、今回は一般的な例を交えながら平均的な貯金額についてお伝えしていきます。

20代・男性の平均的な貯金額

まず全体感として20代男女の平均資産は「142万円(※1)」となっています。しかしこれは無職等で全く資産のない人も集計に入っているので参考値となります。
では、多くの20代・男性の実感に近い30歳未満男性の勤労単身世帯の平均貯金額は「260万円(※2)」となります。
単純計算で20代の10年間で平均貯金額を貯めようと思うと毎月約2万円、大卒・院卒者が20代後半の5年間で貯めるなら毎月約4万円を貯金するペースになります。

上記の平均貯金額は大きいと思いましたか?小さいと思いましたか?「意外と皆がんばって貯金しているんだな」と思った人も多いでしょう。
貯金の目標金額は個人の状況や人生計画によって変わってきますが、次に20代・男性が貯金をするべき代表的な理由を説明します。

なぜ20代・男性に貯金が必要か

引越しや自動車などの大きな出費

現在実家住まいの人や、多くの企業で入居期限が定められている社員寮に住んでいる人は、近い将来に自分で部屋を借りて一人暮らしを始めるかもしれません。
その際には、引越費用や家具・家電をそろえるために数十万円程度のお金が必要になります。これらは基本的にローンを組むことが難しいので、事前に用意しておく必要があります。
また若者の車離れと言われますが、自動車が生活に必須な地域も多くありますし、自動車は生活を豊かにしてくれます。実際30歳未満でも自動車保有率は57%と過半数の人が購入しています(※3)。
自動車は100万円単位の買い物なのでほとんどの人はローンを組みますが、頭金や購入後の車検など維持費に備えて、まとまったお金を用意しておく必要があります。

転職

第二新卒という言葉が近年では一般的になってきている通り、20代は新卒で入った会社に違和感があって転職する人も多く、また転職成功率も高いです。
実際20代後半の35%が転職を経験するというデータもあり、今の会社に不満がある場合や、更なるスキルアップのために転職することは一般的になってきています(※4)。
この時に注意しないといけないのが、転職に伴う費用や一時的な収入の低下です。
転職は引っ越しを伴う事も多く、またすぐに働き始める事ができなかったり、給料日の変化によって無収入期間ができる事があります。
さらに転職先ですぐに成果を出せる人は少ないので、一時的に収入も低下することが多いです。
これらの事態に備えて、転職に備えて数カ月ほど生活できるお金があれば安心です。

結婚・離婚

20代後半~30代前半は結婚ラッシュです。結婚式の費用だけでも平均355万円(※5)、更に新婚旅行や新居での生活立ち上げの費用も別途100万円程度見積もる必要があります。
もちろん親の援助や夫婦での分担、ご祝儀による負担軽減もありますが、貯金して備えておいた方が良いでしょう。
さらにこの年代は友人の結婚式に呼ばれることも多く、突発費用も多く発生するので日ごろから貯金しておく必要があります。
また考えたくはないことですが、離婚してしまうリスクを考えると独身の内に貯金しておく意義は非常に大きいです。これは離婚した場合に、結婚前に築いた資産は基本的に財産分与の対象とならないために、後々自分を守る盾になってくれるからです。

貯金を増やす方法

ではどうすれば貯金を増やせるのでしょうか?方法はいろいろありますが、20代の男性に特におススメなのは昇給や転職で自身の収入と社会的信用を上げることです。
20代のうちはどうしても絶対的な収入が少ないために、まずは社内で早く昇給できるようにスキルを磨きましょう。また、昇給が望めないなら転職してしまうのも選択肢です。
一時的に収入が下がったとしても将来的に得られる収入が増加するなら、それは価値のある転職になります。
ここで収入および社会的信用を上げておくことが、将来的な貯金増加だけでなく投資や家を買う際のローンにも良い効果を生むので、今のうちにできるだけのことをしておくとグッドです。
そして収入が増えた後に正しく貯金・管理するためには、今のうちに「お金の知識」を学んでおくことも重要です。本サイトも是非参考にして頂き、分からないことがあればFP(ファイナンシャルプランナー)等の専門家に相談するのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?20代男性の平均貯金額や、貯金が必要な理由がお分かり頂けたと思います。そして長期的に貯金を増やすためには、まずは収入と社会的信用を上げる努力をすることがおススメです。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「【20代・男性】平均的な貯金額はいくら?」でした。

参考
※1:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」 
※2:総務省統計局「全国単身世帯収支実態調査
※3:内閣府「消費動向調査
※4:DODA「転職活動実態調査
※5:リクルート「ゼクシィ結婚トレンド調査

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社ではお金に関するWEB記事だけではなく、無料メールマガジンも発行しております。
メールアドレスをご登録いただくと限定情報や最新サービス、そしてセミナー開催情報を受け取ることができます。
https://03auto.biz/clk/archives/kkakvw.html

Pocket