【30代・男性】平均的な貯金額はいくら?

30代になると会社でも中堅扱いになり、収入も増えてきていると思います。また、家庭を持ち育児に追われている方も多くなります。そんな多忙な毎日の中で、将来のお金のことが不安になることはありませか?
30代男性は平均的にどれくらい貯金しているのか?そして何に備えてどれくらい貯金が必要なのか?について、一般的な例を交えながらお伝えしていきます。

30代男性の平均的な貯金額

早速ですが、30代全体の平均金融資産額は「589万円(※1)」となります。さらに詳しく見ていくと、30代男性の勤労単身世帯の平均貯金額は「475万円(※2)」、また貯金だけでなく株式・債権・生命保険等の有価証券も「284万円(※2)」持っているというデータがあります。

さすがに働き盛りの世代だけあって、貯金額も20代に比べ大幅に増えています。ところで「こんなに貯金できてない自分はダメなのかな…」と自信を失っていませんか?

実は30代の5人に1人が金融資産を1000万円以上保有しており、この人々が平均値を引き上げている側面があります。つまり個人間の格差が大きく開きだすのがこの年代ということになります。
なので、悲観せずに自分のペースで貯金を積み上げていくことが大切です。そこで30代男性の代表的な貯金の必要性と目標金額をご紹介します。

なぜ30代男性に貯金が必要か

理由1:家の購入費のため

30代になると、一生で一番の買物「マイホーム」を意識する人が多くなります。実はマイホーム(土地付き注文住宅)購入者の51%は30代となっており、まさに一国一城の主になる最適なタイミングです(※3)。結婚して家族が増える時期であること以外に、一般的な30~35年ローンを定年までに返済するためには、30代までにローンを組む必要があることも関係します。

土地+建物の全国平均は約4000万円ですので(※3)、そのうちの1割程度を手付金や頭金として支払うとした場合、400万円程度の貯金があれば無理せず購入に踏み切れます。

理由2:老後のため

老後資金が必要とは良く聞きますが、一般的には老後に夫婦二人で平均的な生活を続けるためには、年金による収入の他に3000万円の老後資金を用意しておく必要があると言われています(※4)。

また、今後の日本は人口減少が確実視されおり、若者が高齢者を支える仕組みの年金制度がいつまで有効かもわかりません。
人生100年時代、働き方改革で定年後も働く生き方がこれからは一般的になるかも知れませんが、安心して老後を送るためにも今から少しずつ貯金をしておきましょう。

理由3:親の介護のため

30代ではまだご両親は健康と思いますが、将来的に避けて通れない問題として介護問題があります。

平均的な介護期間は約5年、介護費用は月約8万円、さらに一時金(住宅リフォームや介護ベッド購入)として80万円がかかるといわれます(※5)。つまり一人の介護に対して約560万円かかる計算になります。
健康に見えても、転倒や脳卒中などで急に要介護状態になることもあるので、事前にそなえておきましょう。

貯金を増やす方法

このように将来に向けてまとまったお金が必要ですが、30代になると将来の年収もある程度予想がつくようになり、「こんなに貯められない」と思ってしまうかもしれません。
しかし30代の会社員には「社会的信用」という何事にも代えがたい資産があり、これを活用すれば会社から貰える生涯年収という枠以上の資産形成が可能になります。

具体的には、ローンを組んで不動産投資や太陽光発電投資などを行い、手元資金以上の資産から不労所得を得る方法です。
会社員であることは定期収入があるだけでなく、その信用を使ってローンを組めるという非常に大きいメリットがあります。

いきなりこれらの投資を始めることに抵抗がある場合は、株式投資のようなローンを組まないタイプの投資を経験するのもよいでしょう。また、非常に専門的な分野になりますので、気になったらまずは専門家に話を聞いてみることをおススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?30代男性の平均貯金額や、貯金が必要な理由がお分かりいただけたと思います。将来の大きい出費はイメージしにくいですが、しっかりと具体的な目標金額を意識することが大事です。また社会人歴も長くなってきた今こそ、投資について学び実践する最適な時期でもあります。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「【30代・男性】平均的な貯金額はいくら?」でした。

参考
※1:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」 
※2:総務省統計局「全国単身世帯収支実態調査
※3:住宅金融支援機構「住宅ローン関連調査
※4:三菱UFJ信託銀行「老後資金はいくら必要?どうやって貯める?
※5:生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社ではお金に関するWEB記事だけではなく、無料メールマガジンも発行しております。
メールアドレスをご登録いただくと限定情報や最新サービス、そしてセミナー開催情報を受け取ることができます。
https://03auto.biz/clk/archives/kkakvw.html

Pocket