【30代・女性】平均的な貯金額はいくら?

女性にとって30代はとても大切な10年ですよね。会社でのキャリアや結婚・出産といったライフイベントでも大きな変化がある年代です。つい周りが気になってしまいますよね。
そんな30代女性は平均的にどれくらい貯金しているのか?どれくらいの貯金を目標にすれば良いのか?について、一般的な例を交えながらお伝えしていきます。

30代女性の平均的な貯金額

男性サラリーマンや専業主婦も含めた30代全体の平均金融資産額は「589万円(※1)」となっており、その中で30代女性の勤労単身世帯の平均貯金額は「452万円(※2)」です。ここで面白い傾向があります。貯金や資産の合計は男性の方が多いのですが、定期預金だけを見ると、男性190万円に対して女性245万円と金額が逆転するのです(※2)。女性の方が堅実、かつ長期的な目線で貯金をしているのでしょうね。

ところで貯金額の大きさに驚かれているのではないでしょうか。これらはあくまで平均値ですので、目標貯金額はあなた自身のライフスタイルに合わせて設定すれば大丈夫です。

次に、貯金の必要性と目標金額について、既婚者およびおひとりさま向けに具体的に紹介していきます。

なぜ30代女性に貯金が必要か

理由1:子供の教育費のため(既婚者向け)

既婚者の方にとって一番大きいお金の悩みは、お子さんの教育費ではないでしょうか。高校までの教育費は、すべて公立だと平均約500万円~、すべて私立なら約1800万円必要になります(※3)。また大学は奨学金を使う方も多いですが、自宅から通える4年制の国公立に進学したケースでも学費で500万円ほど必要となります。
これらの教育費は大きいお金ですが、金額や支出のタイミングが予想できるため計画を立てやすい出費になります。ご自身での貯金だけでなく、学資保険という教育費の積み立てに特化した保険もありますので、いちど今後の教育費の貯め方について計画を立ててみてはいかがでしょうか。

理由2:結婚のため(結婚希望のおひとり様向け)

結婚には愛が一番大事ですが、実際問題としてお金も大事なポイントになってきます。ところで、あなたは結婚相手の男性の収入はいくら以上であって欲しいと思いますか?たとえ愛があっても、「無収入でもいい!」と言える方は少ないのではないでしょうか。
実は同じように男性側にも「結婚相手の女性には貯金をしていて欲しい」という願望があり、具体的には結婚相手の30代女性には200万以上貯金しておいてほしいと考える男性が50%以上であるというデータもあります。(※4)。
もちろんこれはお金目当てというより、奥さんには将来を見すえた堅実な経済感覚を持っていて欲しいという男性の感覚だと思われます。
婚活をうまく進めるためにも、貯金は重要な役割を果たすのですね。

理由3:老後費用のため(おひとり様向け)

おひとり様で自分の人生を歩みたいと考えている、自立したあなたには老後資金はいくらくらい必要になるでしょうか。
一般的には「夫婦の老後には3000万円の自己資金が必要」と言われていますが(※5)、家賃や生活費は単純に半額にはならないため、おひとり様の老後資金の目安は2000万円程度になります。
もちろんこれはひとつの目安ですので、あなた自身が老後にどの様な生活を送りたくて、そのためにはいくら必要になりそうか、これを機に考えてみてはいかがでしょうか。

貯金を増やす方法

このように30代女性には、それぞれのライフスタイルに合わせた貯金の方針が必要になります。しかし、「専業主婦でそんなに貯められない…」「自分の給料でこんな大きな金額貯められるか不安…」という思いは拭えないと思います。内職やダブルワークをするにしてもその時間はほとんどないでしょう。
そこで、賢い人が取り組んでいるのが「FX」や「不動産投資」といった、時間の切り売りでない方法でお金を増やすことです。つまり不労所得です。不労所得で稼ぐ能力があれば、長期的に貯金の増額に大きく役立ってくれます。ただし、FXや不動産投資にはもちろんリスクもあることは忘れてはいけません。
当然最初は分からないことだらけだと思いますので、気になったら詳しい人や専門家に相談してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?30代女性の平均貯金額や貯金が必要な理由がお分かりいただけたと思います。ライフプランが多様化している中で、しっかりと自分に合った貯金方針をたてることが大切です。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「【30代・女性】平均的な貯金額はいくら?」でした。

参考
※1:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」 
※2:総務省統計局「全国単身世帯収支実態調査
※3:文部科学省「子供の学習費調査
※4:マイナビウーマン「結婚相手が30代の女性だったら、いくら貯金があってほしいですか?
※5:三菱UFJ信託銀行「老後資金はいくら必要?どうやって貯める?

Pocket