年金に頼り切らない場合は貯金がいくら必要か?

「将来、年金がもらえないかもしれない…」という不安から、老後にお金はいくら必要なのかと考えたことはありますか?考えようとしたものの、そもそもどうやって計算すれば良いのか具体的な方法がわからず、答えに至っていないかと思います。
そこで、計算方法などを交えながら「老後までに貯金がいくら必要か?」についてお伝えいたします。

独身で約5000万、夫婦で約9000万必要

これは平成29年「家計調査報告(家計収支編)」(総務省)によるもので、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の1カ月の家計収支を元に算出された金額です。

・実収入:20万9198円(うち社会保障給付が19万1880円)
・支出:26万3717円(うち消費支出が23万5477円)
・赤字:5万4519円

上記のデータを見る限り、老後の定期収入である公的年金や企業年金では既に生活費や税金・社会保険料等の支出が賄えず、貯蓄を切り崩すなどの手段で不足分を補っていることになります。この赤字が毎月続いていくわけですから、65歳から30年間としても生活費を賄う現預金だけで約2000万円が必要になる計算となります。
さらに、以下のような事も考慮する必要があります。

・住宅ローン残債返却:約500万円
・住宅リフォーム資金:約300万円
・子供の結婚・住宅購入援助資金:約300万円
・趣味・レジャー関連費用:約300万円
・車買い替え関連費用:約200万円
・医療や介護費用:約300万円
・予備費:約300万円

これらを合計すると独身で約5000万円、夫婦で9000万円が必要な理由がお分かりになるかと思います。独身でも65歳までに約5000万円。仮に年金が支給されれば半分程は賄えますが、支給されなかった場合を考えると、とてもじゃないですが気が遠くなるような金額です。夫婦なら1億近い金額で尚更です。
仮に退職金が支給された場合も考えてみましょう。以下のデータからしても約2000万円は必須となる計算ですね…

・大学卒(管理・事務・技術職):2374万円(2592万円)
・高校卒(管理・事務・技術職):2048万円(2400万円)
・高校卒(生産・現業職):1821万円(1954万円)

引用 :「2016年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果

月11万円、15年間積み立てれば約2000万円貯まる

平均的な2人以上の勤労者世帯の年代別黒字額は以下となってます。

・40~49歳:16万2040円
・50~59歳:12万456円
・60歳以上:3万4680円

45~59歳の15年間に毎月11万円、60~64歳の5年間に毎月1.5万円を貯めると、目標額に到達することは可能です。実際には、教育費や住宅ローン返済の支出とバランスをとりながら、余裕がある時期には増額、家計が厳しい時には減額しながらコツコツと貯め続けることがポイントです。
しかしながら、毎月11万円の貯金となると容易ではないですよね。老後の為とはいえ、現在の生活レベルを落としてまで貯金しようと思いますか?大半の方は行動に移せないのが現実です。かといって年収が劇的に上がるわけでもないですし、宝くじやギャンブルで一発当たる訳でもないですから悩ましいところです。

老後の資金作りは、早めの計画が吉

ではどうすれば良いのか?と考えた時に、投資や資産形成が重要になってくる訳です。ダブルワークもできないし、そもそも動ける時間も少ないというサラリーマンが昨今投資に積極的な理由にはそういった背景があります。
投資はリスクもありますが、老後の資金作りの手段としては有効です。そして、成功するにも失敗するにも早めに取り組むことが非常に重要です。早く成功すれば功績は大きく、失敗しても取り返せる可能性があります。まずはどんな投資手法があるのか?自分に向いている投資は何か?を見極めることから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?年金がもらえないとなると、想像以上の大きな資金が老後に必要だということがお分かりいただけたかと思います。5000万円と聞くと想像がつかない金額ですが、計画的に貯蓄や投資を行っていくことで老後の生活を心配することもなくなるかもしれません。年金に頼るのではなく、まずは自身の力で老後の生活を確保できるように早めの計画と実行を心掛けてみてはいかがでしょうか。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「年金に頼り切らない場合は貯金がいくら必要か? 」でした。

Pocket