【20代・女性】年収相場はいくら?

ふとした時に、「自分の年収は相場なのか」「周りの同年代の給料はどれくらいだろうか」と思ったことはありませんか?同僚や友人とお金の話をすることはあっても、デリケートな話題なのでなかなか具体的な金額までは聞きづらいと思います。
そこで今回は、全国の20代女性の年収について、お伝えしていきます。

平均年収は273万円

20代女性の平均年収は273万円です。あなたの給料と比べてみていかがでしょうか。しかし、一口に平均と言っても、20代の前半と後半では金額が異なります。どのくらい年収に違いがあるのかを分かっておくと、今後のキャリアの歩み方の参考になるはずです。

国税庁による平成28年度の調査によると、20代前半(20~24歳)の女性の平均給与は241万円(※1)、20代後半(25-29歳)は309万円(※1)です。年代が変わることで、平均額が50万円以上増えていることが分かります。
しかし、年収の差には年齢以外にも色々なことが関係しています。その代表的な3つのことについても見ていきましょう。

年収に差がつく大きな3つのポイント

年収に差がつくポイントとして「学歴」「業種」「企業規模」の3つがあります。それぞれによって、年収にどのような変化が生じるのか、見ていきましょう

学歴

学歴は平均年収が決まる大きなポイントの1つです。(学歴):(20代前半の女性の年収)、(20代後半の女性の年収)を一覧にすると下記のようになります。

高校卒:183万円、194万円
高専・短大卒:201万円、222万円
大学・大学院卒:220万円、245万円

特に高校卒とそれ以上の学歴の方だと、年収に大きな差があることが分かります。さらに生涯年収も視野に入れるとこの差は大きくなります。
これについて、2015年に作成された指標を紹介します。
この指標は、学校を卒業と同時に就職し、60歳で退職するまでフルタイムの正社員を続けた場合の生涯年収を計算したものです。高校卒女性の場合は約1億5千万円、高専・短大卒女性では約1億8千万円、大学・大学院卒女性では、2億2千万円(※2)となり、最大約7千万円の差となっています。(※2)

しかし、大学・大学院卒だからといって、一概に年収が高くなるという訳でもありません。次に紹介する「業種」や「企業規模」も大事なポイントとなりますので、あわせてチェックする必要があります。

業種

学歴とならんで、平均年収に大きな影響を与えるのは業種です。(業種):(20代前半女性の年収)、(20代後半女性の年収)を一覧にすると下記のようになります。

鉱業・採石業・砂利採取業:216万円、266万円
建設業:200万円、225万円
製造業:184万円、205万円
電気・ガス・熱供給・水道業:210万円、250万円
情報通信業:231万円、257万円
運送業・郵便業:198万円、219万円
卸売業・小売業:199万円、222万円
金融業・保険業:207万円、236万円
不動産業・物品賃貸業:214万円、230万円
学術研究・専門・技術サービス業:210万円、249万円
宿泊業・飲食サービス業:184万円、203万円
生活関連サービス業・娯楽業:195万円、217万円
教育・学習支援業:205万円、235万円
医療・福祉:212万円、235万円
総合サービス事業:187万円、207万円
サービス業(他に分類されないもの):198万円、207万円

あなたが今働いている業種は、他と比べていかがだったでしょうか。もし、今働いている業種から転職を考えている場合は、適正や好きなことをベースに業種を選ぶことも大切ですが、このデータを参考にしてみるのも良いかもしれません。

企業規模

企業規模は「大企業(1000人以上)」「中企業(100-999人)」「小企業(10-99人)」と分けることができます。(企業規模):(20代前半女性の年収)、(20代後半女性の年収)を一覧にすると下記のようになります

大企業:216万円、244万円
中企業:200万円、221万円
小企業:188万円、207万円

高校・大学卒業直後の就業先として、やはり大企業・中企業・小企業の順で給料が高くなることが分かります。さらにこの差は、年齢を重ねるに連れて大きく年収格差が生まれてきます。最も給料が高くなる50~54歳の女性で見ると、

大企業:304万円
中企業:264万円
小企業:240万円

となり、60万円以上の差となります。
ただし、中小企業の場合は出世が早く若くして役職につくケースもありますので、実力次第で平均年収を大きく上回ることもあります。

仕事以外に年収に結びつくこと

このように、年収には学歴業種企業規模が大きく関わってくることがお分かりいただけたと思います。しかし、学歴を変えることは難しいですし、今働いている会社を変えたり、別業種に転向することも一筋縄ではいきませんよね

そこで、節税法や資産運用について学ぶことがカギとなります。

現在周りの方よりも年収が低い状況だとしても、正しい節税方法や資産運用方法を理解することで、資産では上回ることも可能です。例えば年収250万円から資産運用をして早期に経済的・時間的自由を手にすることもありますので、気になる場合は一度専門家に相談してみるといいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事が、あなたの将来や資産運用について考えるきっかけとなれば幸いです。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「【20代・女性】年収相場はいくら?」でした。

参考
民間給与実態統計調査 – 国税庁(第 14 図)年齢階層別の平均給与
厚生労働省:第3表 学歴、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び年齢階級間賃金格差
ユースフル労働統計 2017 労働政策研究・研修機構(JILPT):「21 生涯賃金など生涯に関する指標」
厚生労働省:賃金構造基本統計 付表2 産業、年齢階級、性、企業規模別賃金(4-1)
厚生労働省:賃金構造基本統計 第4表 企業規模、性、年齢階級別賃金、対前年増減率、企業規模間賃金格差及び年齢階級間賃金格差

Pocket