独身・老後の漠然とした将来の不安はお金から解決!

老後について、考えたことはありますか?また、自分が独身のまま老後を迎えるかもしれないと考えて、不安になったことはありますか?
「今は働き盛りだし、年収も安定しているし、特に不自由なく暮らしているけれど、将来のことは何も考えなくていいんだろうか」
「自分の性格的に、多分結婚はしなそう。独身のまま老人になったら、生活はどうなるんだろう」
「老後も一人のまま、楽しく生活するためには、どのぐらい貯金をすればいいんだろう」
こんな疑問が湧いてくる時もあると思います。

そこで、生涯独身だった場合の、貯金・将来・老後について、具体的なデータを提示しながらモデルを紹介していこうと思います。

生活費は約16万円、収入平均は約14万円

まず、総務省統計局 家計調査(平成28年度)によると、独身世帯の老後の生活費の平均額は約16万円となっています。

内訳は、
食料:40,050円
住居:20,148円
光熱・水道:11,088円
家具・家事用品:5,316円
被服及び履物:5,293円
保険医療:6,632円
交通・通信:18,712円
教育:10円
教養娯楽:19,395円
その他の消費支出:32,109円
合計:15,8753円

しかし、これはあくまで平均ですから、さらに「余裕ある暮らしをしたい」「趣味や旅行を楽しみたい」と考える場合、月3万円程度のプラスが想定されます。
つまり、月の出費が19万円だと考えられます。

では、支出はどうでしょうか。

厚生労働省が2017年に実施した「平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、男性の平均支給額は「165,668円」女性は「108,964円」となっています。
男女の差は、現在、厚生年金を貰っている世代では、女性が結婚後に離職して専業主婦になった率が高く、男性と女性では働いていた期間と賃金に差があるためです。
そのため、厚生年金の支給額にも男女間で約6万円の差があります。

現在20~30代世代の人が生涯独身となる場合、多様なライフプランが考えられます。上記の世代の男性のように一般的な企業で定年まで働く場合もあるでしょうし、非正規雇用やフリーランスなどを組み合わせて働く場合もありえます。
それを考慮して、仮に上記の男女支給額の平均額をとると、137,316円となります。

つまり、支出額約19万円に対し、年金額は約14万円なので、日々の暮らしによって毎月約5万円の赤字が出ることとなります。

仮に30年間この生活が続いた場合、5万円×12ヶ月×30年=1800万円の貯金が必要という計算になります。
さらに、下記のような出費も想定されます。

生涯独身の場合、約5000万円必要

月々の生活費にくわえ、大きな出費や突然の病気や介護に備える必要もあります。
たとえば下記のような備えが考えられます。

住宅ローン残債返却:約500万円
住宅リフォーム資金:約300万円
趣味・レジャー関連費用:約300万円
車買い替え関連費用:約200万円
医療や介護費用:約1300万円
予備費:約300万円
合計:約2900万円

つまり、月々の生活費1800万円+それ以外の出費2900万円=4700万円となります。
結果的に、約5000万円の備えがあれば安心と言えると思います。

いかがでしたでしょうか。ここまでで、将来どのぐらいお金が必要かイメージいただけたと思います。では、次に考えるべきなのが「今の年収で、これからどうやって将来へ向けた準備をしていけばよいか」になります。
ここからは、年収500万円男性をモデルに、月々のやりくりはいくらぐらいを目安に考えればよいかをご紹介していきます。

年170万円の貯金が必要

仮に今30歳の方が、60歳までに5000万円を貯めるとなると、単純計算で一年あたり5000万円÷30年=約170万円の貯金が必要となります。

1年で170万円貯めるためには、仮に毎月の手取りの中から約7万円貯金した場合は7×12ヶ月=84万円、それに加えてボーナスから約80万円を貯金に回す必要があります。30歳と言えば、まだまだ自分のためにお金を使ったり、勉強などの自己投資もしたい時期ですから、上記の額の貯金をするのはかなりハードだと思います。

しかし、お金を増やす方法は、貯金に限らず、投資などいくつかあります。
この記事を読んで「単純に貯金をするのは難しそう」「自分ではうまく計画を立てられない」と思った場合は、ぜひ専門家に相談してみることをおすすめします。投資はリスクが怖いと考えがちですが、リスクを最低限に抑えつつ、無理のない投資プランを専門家は提案してくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。生涯独身のライフプランを想定する場合、生活費を協力し合えるパートナーや、介護してくれる家族家族が不在のため、老後への不安が高まる方も多いと思います。しかし、そんな心配も、お金の準備をすることで解決出来る面もあるはずです。
この記事が、あなたが将来の備えについて前向きに考えるきっかけとなれば、幸いです。

以上、あなたのライフプランナーがお伝えする「独身・老後の漠然とした将来の不安はお金から解決!」でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当社ではお金に関するWEB記事だけではなく、無料メールマガジンも発行しております。
メールアドレスをご登録いただくと限定情報や最新サービス、そしてセミナー開催情報を受け取ることができます。
https://03auto.biz/clk/archives/kkakvw.html

Pocket