資産形成チャンネル

従業員持株会|自分のコミットメント次第で資産が増える?持ち株会のススメ!!

  • #資産形成チャンネル
従業員持株会|自分のコミットメント次第で資産が増える?持ち株会のススメ!!

ー 資産形成チャンネルとは?
ココザス代表 安藤とコンサルタント 細川が資産形成にまつわる情報をわかりやすく発信しているYouTubeチャンネルです。
「お金の知識を学びたい」「資産形成をはじめてみたいけれど何をすればいいか分からない」そんな方に向けて、正しいお金の知識をお届けします。

▶チャンネル登録はこちら

LINE友だち追加で3つの豪華特典をGET

LINE友だち追加で3つの豪華特典をGET

LINE限定!お金の知識が学べるセットを無料プレゼント中です!※ 友だち追加するとLINEに届きます

▼プレゼント内容▼
・一生お金に困らないお金が増える仕組みの作り方講座(動画)
・今からできる節約術55選!家計の見直しチェックリスト
・書籍「3週間で身につく日本人が知らないお金の常識」特別版 PDF2種

LINE友だち追加はこちら

持株会はそもそもやるべき?

持株会はそもそもやるべき?
細川
細川

社長、僕が新卒で十数年前に入った会社の話なのですが…
「自社株を持つ」みたいな申込書を新卒全員集まった場で書かされたのです。

書かされたって言うのも変ですけど…
「月に何株」というのを選べて、みんな書くから書いた方がいいのかなみたいな?と思いやったのです。
こういった自社株買いって、新卒からやるべきなのでしょうか?

安藤
安藤

まず質問があります。
その会社というのは上場企業ですか?それとも非上場ですか?

細川
細川

上場企業ですね。

安藤
安藤

大きく二つに分かれますけども…

上場企業で従業員持株会という会が仕組みとしてあるのであれば、私は絶対やった方がいいと思います
持株会って、メリットしかないですよ。

細川
細川

僕は「毎月の手取りが減るなぁ…」と新卒の時は思っていました。

安藤
安藤

キャッシュフローだけ見たら手取りが減りますよね。
でも、持株というのは全部資産になっていくわけです
それが増えていけば、当然お金が増えるよという話なのです。

私はよく上場企業で社内向けのお金に関する研修をやることが多いのですが…
上場企業なので当然、従業員持株会の制度があったりしますよ。

いつも言われるのが「安藤さん、今日は従業員持株会をプッシュしてください!」と。
要は「持ち株会を紹介して!」と、よく言われます。

▼安藤への講演依頼はこちら
https://cocozas.jp/lecture-contact/

会社側としても持株会に入って欲しいのですよ

持株会に入って欲しい

「やるぞー!」というね、会社に対するロイヤリティ、忠誠心が高まる効果がありますし、あとは単純に従業員の資産を増やしてあげることができるからです。

持株会の5つのメリット

持株会の5つのメリット
安藤
安藤

なぜ持ち株会を絶対やった方がいいと思っているのか?
理由は大きく5つぐらいあります。

メリット① 一般よりも株が安く買える

まず、一つ目のメリットとして一般の市場参加者よりも株が安く買えます
絶対に従業員特典(インセンティブ)があるはずです。

一般の市場参加者よりも株が安く買えます

例えば、株式は通常100株単位で買うわけですが、100株買ったら110株になるとか…
大体10%ぐらい割安に買えるとか、株が積み増しされますね。

この時点で会社がお金を出してくれているのですよ?
投資で10%儲るってスゴイことですよね?
買った瞬間に10%儲かってるってヤバくない…?

手数料が高い投資信託を買うと、買った瞬間に3%と信託報酬に2%で、合計5%ぐらい負けたりする。
そこと比べると10%勝っているのですよ。

メリット② 配当収入が得られる

二つ目が、当たり前ですが毎年の配当収入が得られること
株式ですし上場企業なので、配当を出してるところが多いはずです。

毎年の配当収入が得られる

2%〜5%ぐらいのどこかだと思いますけども、何もしないでお金が入ってくる仕組みが得られる。
これはメリットですよね。

メリット③ 値上がり益の期待

三つ目が、株価上昇による値上がり益の期待
キャピタルゲインですね。
株式なので、これが普通に得られます。

株価上昇による値上がり益の期待

メリット④ 自分が頑張った分、資産が増える

もう一つが、今のところに連動しますけども自分が頑張った分、株価が上がるという仕組みじゃないですか?
理論上そうなりますよ。

自分が頑張った分、株価が上がるという仕組み

全従業員が頑張れば頑張った分、業績が上がり株価が上がると従業員の資産が上がる
だから、仕事を頑張る動機の中に一つに「自分の資産が増える」ということを入れることができる
経営陣と従業員というのは何か話が合わないなど、どこの会社でも言われますが…
インセンティブが同じになれば、お互いがそういうマインドで仕事できるじゃない?
これの効果って絶大ですよ。

細川
細川

僕にはその意識がなかったですね。
教えてもらえれば、もうちょっと頑張れたかもしれないですね。

安藤
安藤

今のところの話を聞くとね、本当に仕事を頑張れるんじゃないかな?と思います。

逆に「うちの会社伸びないし、キャピタルゲイン絶対得られないよ。だから持株会に入らないんだ。」って思われてる方がいたとしたら、今すぐ転職した方がいいと思います。
だって自社の未来を信じられないのだったら、辞めた方がいいじゃん。

細川
細川

モチベーションも上がらないですものね。

安藤
安藤

「自分が頑張れば株の価値が上がるんだ!」と思ってる人が頑張れば良くて、沈みゆく船だと思ってるんだったら辞めた方がいいです。
なので、買わない理由はないと思っています。

メリット⑤ リスクヘッジになる

最後、五つ目の理由は、毎月コンスタントに積立をするので、毎月一定額必ず買うやり方のことを何と言いますか?

細川
細川

ドルコスト平均法。

安藤
安藤

よくできました!

ドルコスト平均法なので株価は上がったり下がったりしますが、ずっと一定額買い続けることによって平均取得単価がならされていく

リスクヘッジになります

基本的に伸びると思ってる産業にいたり、伸びると思ってる会社にいるのであればドルコストで買っておけば減ることはないでしょう。

非上場企業で働いている場合はどうする?

非上場企業で働いている場合はどうする?
安藤
安藤

色々な会社で色々な方に向けて講演をやって、参加者の方と懇親会で話したりすると、2,000万円や3,000万円と、結構資産を持ってたりしますよ。
持ち株で増やした方が多いのです。

この前お会いした方も株式で数億円長者になっている方でした。
自分で起業したわけじゃないですよ?
とある非上場の会社の従業員として働いていました。
今まで上場企業の話をしていましたが、非上場企業の株式ってどうなんだ?という話をしますね。

その方は、働いてる時にボーナスの一部として、ストックオプションだったり生株(なまかぶ)だったりとか、株式型の報酬が渡されていたと。

細川
細川

生株というのは?

安藤
安藤

株式、普通株をそのまま貰えるような仕組みです。
ストップオプションというのは、その株を買える権利を貰えるという話です
(これは少し難しい話なので、この記事では割愛しますね)

そういった株式報酬を、新卒で入ってから数十年間ずっと貰っていたらしいです。
それまでは「ボーナスは現金でくれよ!」と、全従業員が猛反発したらしいのですけども…
その経営陣というのは現金報酬と一部は株式報酬にしていました。
これを渡し続けてたのですよ、何十年。

そしたらですね、2010年頃にようやく上場して。
その瞬間に、その方は社歴が長かったので2億円ぐらいになったと言っていたかな。

細川
細川

2億円…すごいですね…!

安藤
安藤

株式は紙切れですよ、最初は。
株式を渡されても実感が湧かないじゃないですか?
「こんなのいらないよ」とみんなが言うけれど、それがいつか大きく化ける。

非上場企業の場合はなおさらですね。
上場したときのインパクトは非常に大きくて、今までは現金化する場所がないですよね?
上場してない会社の株ってどこでも売れない。

ただこれをずっと持っていたら、ある日それに値段がついてSBI証券でポチッと買ったり売ったりできるようになるわけですよ
その瞬間に数億円!という話なので。

やっぱり報酬の中に株式が入っていたりすると、資産を作るペースとしては早まっていくのでは?と思います

2013年ぐらいにリクルートが上場しましたよね。
リクルート創業者の江副さんは結構大盤振る舞いな方で…
それが原因でリクルート事件になっちゃったりしたんだけども、政治家の方に「株を買いませんか?」と言って上場前に株を売ったんだよね。
それで捕まったんだけど、そこから20数年経ってリクルート本体が上場しました。

今はれっきとした上場企業で日本の時価総額トップ10ぐらいに入ってる素晴らしい会社です。
その会社の大株主、10数%(11.19%)を持っているのが従業員持株会ですよ

従業員持株会

全体の10数%を従業員に渡していたのです。
渡してたというか買ってもらってたのかな?
そこからどれだけのお金が生まれたかって言うと…
上場時、時価総額が1.9兆円でした。
1.9兆円の11.19%は?

細川
細川

2,100億円ですか…?

安藤
安藤

そういうことですよ。
その当時、従業員は約3万人でした。

ということはですね、3万人で2,100億円というと、すごい話じゃない。
単純計算で1人あたり700万円です。
経営陣もたくさん持っていたでしょうから、100億円単位になった人ってのも当然いると思います。

これくらいインパクトがあることで、且つ従業員も得られるメリットです。
なので、こういう機会を提供してくれている会社はすごくいい会社です
もしあなたの会社で持株会の制度があるのなら、今すぐやるべきですよ

サラリーマンの資産形成の鉄則パターン

サラリーマンの資産形成の鉄則パターン
安藤
安藤

僕はサラリーマンの資産形成の鉄則パターンを分かっていて… まず持株会をやる

そして、そういう会社は恐らく企業型のDC(確定拠出年金)の仕組みもあるので、会社が積み立ててくれてるはず(これも天引きされてるはず)
そこに個人型のiDeCoを乗せるのですよ

企業型DCとiDeCoの併用ができるようになった

持株会、iDeCo、そしてつみたてNISA。
つみたてNISAの枠が今まで40万円までだったのが、年間で100万円になるのかな?
それがあるので出来る限り月数万円、積み立てする。
この三つを一生懸命やるだけで、今30歳の方だったとすると60歳の時に5,000万円は余裕で作れます

会社にもよりますが、それなりに業績が上がっていくような企業にお勤めなのであれば今の3つをやるだけでいいのですよ

細川
細川

この持株会に関しては上場企業にお勤めでも、非上場にお勤めの方でも絶対やるべき?

安藤
安藤

上場企業には制度があります。
非上場企業ではその制度を用意してくれてる会社はほとんどないと思うので、買える機会があるなら買う。

あとはストックオプションが貰えるのであれば、貰う
そして「それには価値があるんだよ!」ということをまず知る。

その権利を持っていて、もうすぐ上場なのにちょっと前に辞めてしまったりして退職時に放棄というのは非常にもったいないですから。

「いつ上場するんだ?」というのももちろんありますけども、そこを計算しながら生きていった方が絶対いいんじゃないかなと思います

メルカリも上場した時に100番目ぐらいまでの社員が数千万円まではいったかな?
何十番目の社員とかは1億円以上いってる。
あれぐらい上場時に株価がつくと資産化されるよねという、そんな話です。

今回は「従業員持株会は絶対にやった方がいいよ!」という話をさせていただいたのですけども…
制度があるのかどうかわからない場合は、総務部に相談して持株の仕組みがあるのかどうか。
仕組みがあったけれど、内容を見ても分からないよ!という方は気軽にLINEで相談していただければと思います。

また「こういう持株会の内容なんだけど、これってメリットありますか?」と送って頂ければ、そこに対しても色々とアドバイスできるんじゃないかなと思っています。
気軽にご連絡ください。

▼安藤義人 公式LINEアカウント
https://line.me/R/ti/p/%40981upsvf
※ 友だち追加後にメッセージをお送りください

今日はこの辺で締めさせていただきます。
ありがとうございました。

1万人が購読する
メールマガジン登録はこちら

【特典】資産形成の基本ガイドブック付き

1万人が購読するメールマガジン登録はこちら

利用目的

  • セミナー希望のお問い合わせ
    • セミナーに関するご連絡、管理のため
  • 個別面談希望のお問い合わせ
    • 個別面談に関するご連絡、管理のため
  • 採用面談希望のお問い合わせ
    • 採用面談に関するご連絡、管理のため
  • その他お問い合わせ
    • 問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するため
  • 第三者提供
    • 法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することは ありません。
  • 委託
    • 当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における 個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
  • 開示等のお求め
    • 当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。 開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
  • 個人情報をご入力するにあたっての注意事項
    • 必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。
  • 個人情報保護管理者
    • ココザス株式会社 個人情報保護管理者 総務部 General Manager
  • 個人情報苦情及び相談窓口
    • ココザス株式会社 苦情相談窓口
      メール:info@cocozas.jp
      上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。

SAME CATEGORY

同じカテゴリの記事

Page Top