仕事

エンジニアの転職で必要な期間は?キャリアアップするポイント!進め方と時期

  • #転職

エンジニアの転職で必要な期間は?キャリアアップするポイント!進め方と時期

エンジニアがキャリアアップ目的で転職する場合は十分な期間が必要です。
期間が足りないと慌ただしい転職活動を迫られるので、余裕を持って取り組まないといけません。
ただ、転職に必要な期間や転職活動を始める時期などが分からず、悩んでいるエンジニアの方も多いでしょう。

そこで、エンジニアの転職に必要な期間、転職活動に適した時期、進め方などを解説します。
今の仕事に満足できず「そろそろ転職したい」と考えているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアが転職する際の流れとは

エンジニアが転職する際は、いくつかのステップを踏む必要があります。
希望すればすぐに転職できるわけではありません。
計画を立てたり、求人情報の収集などが必要です。
まずは転職の流れを確認しましょう。

(1)転職までのプランを考える

まず転職までのプランを考えます。
最初に決めるのは退職時期です。
いつ退職するのかを決め、そこから逆算してプランを考えれば不都合が生じません。

一般的にエンジニアが転職活動を始めてから内定が出るまでの期間は約3ヶ月といわれています。
ただ、急募の求人に採用されれば早く内定が出ますし、逆に大型連休などの長期休暇を挟むと長引く可能性があります。
冷静に先を見通し、余裕のあるプランを立てましょう。

(2)求人の希望に優先順位をつける

プランが決まったら、次は求人の希望に優先順位をつけます
キャリアアップ目的で転職するのですから、希望通りに転職できないと意味がありません。
なぜ今の仕事を辞めて転職するのか、自問自答を繰り返して優先順位を明確にしましょう。
報酬・働き方・業種・勤務地・休暇・待遇などについて考えます

転職する目的が明確なら求人選びで迷いませんし、選定期間を短縮できます。

(3)優先順位をもとに求人を探す

優先順位が決まったら、エンジニア向けの転職サイトなどを中心に求人を探します。
今は検索機能が充実しているので、優先順位さえ決まっていれば探すのはそれほど手間ではありません。
たとえば勤務地が最優先の場合、希望地域を指定して検索すればだいぶ絞れます。

また、転職サイトを利用する以外では、知人から誘われたり紹介されたりするケースもあります。
あくまで選択肢の1つに過ぎませんが、その企業がよさそうならトントン拍子に話が進む場合もあります。
せっかく満を持して転職するのですから、視野を広げて求人を探しましょう。

(4)応募のための準備をする

次は応募のための準備です。
主に履歴書と職務経歴書を作成します。
エンジニアの転職なので、開発可能言語・担当プロジェクトの概要・役職・工程などを分かりやすくまとめて記載しましょう。

また、技術的なスキル以外に自分を売り込める点があれば、それもできる限り盛り込んでください。
たとえば業務の効率化、取引先との交渉、人材育成などの実績についてです。
採用担当者の目に留まる実績を伝えることで、書類選考に通過しやすくなります。

(5)面接のためのトレーニング

いくら履歴書と職務経歴書が完璧でも、面接の印象がよくないと不採用になりかねません。
面接で評価を落とさないためにしっかりと対策を練りましょう。

ポイントは転職理由と志望理由で、一貫性を持たせると好印象を与えられます。
なぜ転職に思い至り志望したのかを、気持ちを込めてよどみなく伝えるのが理想的です。
家族や友人などに面接の練習相手になってもらい、自信が持てるまでトレーニングしてみてください。

(6)内定後の手続き

志望先からめでたく内定が出たら、退職の手続きをします。
退職でトラブルにならないように、引き継ぎなどは少しずつ進めておくのがコツです。
これまでお世話になった会社なので、円満退社になるように最大限の努力をしましょう。

滞りなく退社できたら、今度は入社日に合わせて準備に取りかかります。

エンジニアが転職するのにおすすめの時期とは

エンジニアは転職するのに適したおすすめの時期があります。
それは2月頃と9月頃です。
なぜ2月頃と9月頃がエンジニアの転職でおすすめなのかを解説します。

2月頃と9月頃は退職者が増える

多くの企業は4月で年度が変わるため、2月頃は退職者が増える傾向です。
ちょうど仕事やライフスタイルが切り替わるタイミングだからです。

退職者が増えれば抜けた人員を補うための求人が出されるので、他の時期と比較すると転職しやすくなります。
これは上半期が終わりを迎える時期の9月頃も同様です。

ただ、退職者が増える一方で転職希望者も増えるため、採用を勝ち取るための努力を怠ってはいけません。
この時期の3ヶ月ぐらい前から準備し始めるのが理想的です。

おすすめの時期は人による

一般的に2月頃と9月頃がエンジニアの転職でおすすめの時期ですが、だからといってこの時期に固執する必要はありません。
なぜならおすすめの時期は人によるからです。

とりわけ今は社会全体でITをはじめとしたエンジニアが不足しているため、即戦力になるエンジニアはどこも大歓迎です。
そのため転職時期を2月頃と9月頃に無理に合わせる意味はありません。
2月頃と9月頃が転職しやすいことを考慮しつつ、最終的には自分のタイミングで転職しましょう。

エンジニアがキャリアアップする3つのポイント

エンジニアがキャリアアップするには、意識しておきたい3つのポイントがあります。
キャリアアップの失敗は大きな痛手なので、成功するように以下のポイントを意識してみてください。

(1)経験とスキル

今の仕事では新しい経験やスキルアップに期待できない場合は、転職してキャリアアップするタイミングにさしかかっています。
経験とスキルが頭打ちの状態では、今以上の成長をなかなか見込めません。
さらにレベルの高い仕事ができる職場に転職することで、能力アップを期待できます。

(2)勤続年数

たとえば仕事をし始めて1年以内で転職を希望するのは、あまり印象がよくありません。
勤続年数が短い場合の転職希望は、単なるわがままで転職するように思われてしまうからです。
目安として3年以上勤めてから転職を希望すれば、勤続年数に対して不審に思われることはありません。
何か特別な事情がある場合は別ですが、そうでない場合はある程度の勤続年数を超えてから転職するのが無難です。

(3)ライフスタイル

今は仕事だけに粉骨砕身して打ち込むのが人生ではなく、どう楽しむかも重要視されるようになりました。
そのためライフスタイルを大きく変えたい時は、キャリアアップのために転職するチャンスです。

例えば、東京や大阪などの都市部から離れて地方に移住したい時などがそうです。
エンジニアに対して需要があるのは都市部も地方も同じですし、競争相手が減る分地方の方が収入がよくなるケースもあります。

また、女性が結婚して出産する場合などは、手厚い福利厚生がある企業に転職するのが最適です。
他にも働き方にこだわって、ワーケーションが可能な企業に転職するパターンもあります。
ライフスタイルを大きく変えたい時は、転職してキャリアアップする絶好機だといえるでしょう。

転職エージェントを活用してみよう

キャリアアップのための転職を決めたエンジニアの方には、転職エージェントを活用することもおすすめします。

現在の職場で働きながら転職活動を進めていくことは労力のかかることも多くあります。
転職エージェントは単に事務処理をサポートするだけでなく、心のケアもしてくれるのが魅力です。
一人で転職活動に取り組むのが不安な場合は、気軽に相談してみてください。

ココザスの転職支援事業

ココザスでは転職支援事業として、経験豊富な専任のキャリアアドバイザーが様々なサポートをさせていただきます。

キャリアアドバイザーの役割は、転職希望者に内定が出るまで伴走することです。
エンジニアの転職は、働き方や待遇面の不安がつきものです。
頼りになるキャリアアドバイザーが近くにいれば、安心して転職活動に取り組めます。

内定承諾率が高く、求職者に合った提案ができる

ココザスは、すでに各企業と強固な繋がりがあります。
密に連携を取っているので、太いパイプができています。
だからといって必ず内定が出るとは限りませんが、スピード感を持った転職活動のサポート可能です。

またココザスの転職支援事業では内定承諾率が85%と非常に高いことが特徴です。
転職後の早期離職も少なく、求職者の希望に合わせた企業や働き方の提案ができていると言えます。
自分らしい働き方をしたい!仕事へのやりがいを得たい!という方はまずお気軽にご相談ください。

まとめ

エンジニアが転職するのに必要な期間、転職に適切な時期と進め方について解説しました。

一般的なエンジニアの転職活動期間は約3ヶ月といわれていますので、いつ退職するのかを決めて具体的なプランを考えましょう。
また、キャリアアップの3つのポイントも紹介しましたので、その点も意識してみてください。

さっそく転職活動を始めるエンジニアの方には、転職支援サービスを活用してみましょう。
ココザスでは専任のキャリアアドバイザーが、内定が出るまでしっかりサポートいたします。
まずはヒアリングを行い、様々なデータベースから求職者様に合う企業をピックアップさせていただきます。

「自分の希望に合う求人はあるのか?」「現状のスキルでどこまでキャリアアップができるのか?」など、一度気軽にご相談ください。

関連記事

Page Top