仕事

転職エージェントは使うべき?メリットデメリットまとめ

  • #転職

転職エージェントは使うべき?メリットデメリットまとめ

無料で利用できる転職エージェントですが、メリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
本記事では、転職エージェントを利用するべきなのか、メリットとデメリットを交えて解説します。
転職エージェントの利用がおすすめな人、そうでない人の特徴についてもまとめていきますので、ぜひ最後までお読みください。

転職エージェントを利用する6つのメリット

転職エージェントを利用する時のメリットは大きく6つです。

(1)非公開求人案件を紹介してもらえる
(2)面接対策をしてもらえる
(3)履歴書・職務経歴書の添削
(4)業界情報を教えてもらえる
(5)企業の人事に推薦してもらえる
(6)企業とのスケジュール調整を代行してもらえる

メリット(1)非公開求人案件を紹介してもらえる

転職エージェントに会員登録すると、公開求人案件の他に、転職エージェントでしか取り扱っていない非公開求人案件を紹介してもらえます

企業が非公開求人案件を依頼する理由は、自社に必要な人材を効率よく採用するためです。
特に人気企業や有名企業は1つの求人に対して数百の応募が来ることもしばしばあります。

しかし、応募数は多いものの、募集要件にあっていない人からの応募も多く、企業にとっては非効率な求人となってしまいます。
そのため、募集要件にあった人のみを紹介する非公開求人案件とする会社が多くなっています
また、管理職や新規事業の新しいポジションなど、競合他社に求人情報を知られたくない場合にも、非公開案件を利用するケースが多いです。

メリット(2)面接対策をしてもらえる

転職エージェントを利用すると面接対策をしてもらうことができます。
転職エージェントは企業の内情に詳しく、どのような面接が行われるのか、面接官がどのような点に注目して面接しているのかなどの面接のポイントを把握しています。

面接する企業ごとに面接対策を作成しているので、自分1人で面接対策するよりも、転職エージェントを利用して面接対策をする方が内定獲得率がアップするでしょう。

メリット(3)履歴書・職務経歴書の添削

転職が初めての場合、履歴書や職務経歴書をどのように書いたらいいか分からない場合もあるでしょう。
転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイス、添削してくれるサポートがあります
書類選考に通過しないと面接を行うことができないので、履歴書や職務経歴書にアドバイスをもらうことは非常に大切です。

メリット(4)業界情報を教えてもらえる

転職エージェントによりますが、特定の業界や業種に特化した転職エージェントだと、担当のキャリアアドバイザーがその業界出身であることもあり、実際に働かないと分からない業界の内情について詳しいことがあります。

自分でネットで調べた情報よりもリアルな情報を聞くことができるので、転職後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。
このような情報が知りたい場合には、大手転職エージェントよりも中小企業の転職エージェントがおすすめです。

メリット(5)企業の人事に推薦してもらえる

転職エージェントを利用すると「応募者の人柄や意欲、アピールポイント」を推薦状として企業に提出してくれます

企業のコーポレートサイトや採用サイトから直接応募すると、経験やスキルで足切りされてしまう可能性もありますが、転職エージェントを利用して応募すると人柄も含めて推薦してもらうことができるので、書類選考の通過率が上がります

それ以外にも、面接で伝えきれなかったことがあっても、転職エージェントがフォローアップとして企業に情報を伝えてくれることもあるので、内定獲得率もアップするでしょう。
もし面接で選考に落ちてしまった場合にも、転職エージェントが企業にフィードバックをヒアリングしてくれるので、次の面接に活かすことができます。

メリット(6)企業とのスケジュール調整を代行してもらえる

転職エージェントを利用すると、スケジュール調整を代行してもらうことができます。
スケジュール調整はそこまで手間じゃないと感じるかもしれません。
しかし、その調整時間を面接対策などの企業対策の時間に充てることができるので、効率的に転職活動を進めることができるようになります。

主に転職エージェントが添削してくれるのは次の内容です。

・企業への応募
・面接の日程調整
・複数社の選考結果が同時にでるように調整
・配属先や給与の調整
・入社日程調整

特に、複数社の選考結果が同時にでるように調整してくれるのは転職者にとってメリットが大きいです。

多くの場合、選考結果がでてから1週間以内に受諾するかを決める必要があります。
そのため、選考結果が同時にでるように調整する必要がありますが、転職初心者だと難易度が高いです。
そのため、転職エージェントに任せることをおすすめします。

転職エージェントの3つのデメリット

それでは、転職エージェントにデメリットはあるのでしょうか。

すべての転職エージェントが下記のデメリットを持っているとは限りませんが、一般的に言われているデメリットは下記3つです。

(1)自分のペースで転職活動を進めることができない場合がある
(2)年収や業種・役職を調整されてしまう
(3)紹介される案件に偏りがある

デメリット(1)自分のペースで転職活動を進めることができない場合がある

転職エージェントを利用すると、自分のペースで転職活動を進められない場合があります。
選考中も、面接の手応えや感想などをこまめにキャリアアドバイザーに聞かれるので、負担に感じる場合もあるでしょう。

他の求職者もエントリーしている場合もあるので、スピード感を持って対応することは大切です。
しかし急いで決めてしまうことで最終的なミスマッチに繋がってはせっかく転職にかけた時間も勿体なくなってしまいます。

自分のペースに合わないなと感じた場合は無理をせず、キャリアアドバイザーに相談しましょう。

デメリット(2)年収や業種・役職を調整されてしまう場合がある

転職エージェントは転職のプロです。
様々な経験から求職者の学歴や社歴、現在の年収や役職から、どんな企業に需要があるのか?どれくらいの年収で雇ってもらえるのか?を事前に予測することができます。

そのため、内定が出やすい条件に合わせてあなたが求める年収や業種・役職ではない求人の提案をする場合もあります。
「私の希望とは違うな…」と感じた時にはどうしてこの求人を提案するのか?をキャリアアドバイザーに確認しましょう。

キャリアアドバイザーは求職者と二人三脚で転職活動を行う事が使命です。
両者が同じスピードで同じ方向へ向かって行動できてこそ転職エージェントを使うメリットが最大化されます。
遠慮をせずキャリアアドバイザーと希望をすり合わせていきましょう。

デメリット(3)紹介される案件に偏りがある場合がある

転職エージェントによって得意な領域や業種が異なります。
紹介した求人に対してサポートをするので、キャリアアドバイザーが得意な求人案件を紹介される可能性もあります。
また、求職者が内定を獲得する可能性が高そうな企業に絞って紹介してくる転職エージェントもあります。

あなたの仕事の目的や働き方の希望に合わせた提案をしてくれているのか?と疑問に感じた場合は、複数の転職エージェントを活用してみるのも1つの手段です。
信頼できるキャリアアドバイザーなのかを見極めて、あなたに合うキャリアアドバイザーを探しましょう。

転職エージェントの利用がおすすめな人

ここからは、転職エージェントの利用がおすすめな人を紹介します。

(1)早く転職したい人
(2)今後のキャリアについて相談に乗って欲しい人
(3)転職サポートを受けたい人
(4)良質な求人案件を紹介してもらいたい人

(1)早く転職したい人

できるだけ早く転職したいと考えている人に、転職エージェントの利用はおすすめです。
特に働きながら転職活動をしたいと考えている人は、転職エージェントを利用しましょう。
転職エージェントのメリットでも紹介した通り、求人探しからスケジュール調整まであなたの代わりに進めてくれるので、効率的に転職活動を進めることができます。

(2)今後のキャリアについて相談に乗って欲しい人

今後のキャリアについて悩んでいる、相談に乗って欲しいなどの悩みがあるなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。
転職エージェントに登録することで、担当のキャリアアドバイザーがキャリア相談に乗ってくれます。

「自分の適性のある職業を知りたい」というような適正職業についての相談はもちろん「今の仕事を続けてもいいのか」といった転職するかどうか悩んでいても相談に乗ってくれます。
客観的なアドバイスを受けたいのであれば、転職エージェントを利用することをおすすめします。

(3)転職サポートを受けたい人

転職エージェントに以下のようなサポートを受けたい人も、転職エージェントを利用する事をおすすめします。

・履歴書や職務経歴書の添削
・面接対策

特に、転職サイトを利用して転職活動をしているものの、選考におちているなどの面接や書類の書き方に不安を抱えている人におすすめです。

(4)良質な求人案件を紹介してもらいたい人

良い条件の求人を紹介してもらいたいと考えているなら、転職エージェントを利用しましょう。
転職エージェントからの紹介でしか確認することのできない案件は、良質な条件の可能性が高いです。

特に管理職や新規事業の新しいポジションで採用されることが考えられる人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用しない方がいい人

ここからは、転職エージェントを利用しない方がいい人を紹介します。

(1)経歴が特殊な人
(2)半年以上かけた長期の転職活動をしたい人
(3)転職に慣れている人

(1)経歴が特殊な人

特殊な経歴を持つ人は、転職エージェントの利用はあまりおすすめできません。
具体的には、刀鍛冶やひよこ鑑定士といった希少価値の高い職種のことです。

しかし、いままでの特殊な仕事を辞めて一般企業に転職したいと考えている場合には、転職エージェントの利用がおすすめです。

(2)半年以上かけた長期の転職活動をしたい人

転職活動にかける時間が半年以上という方も、転職エージェントの利用はおすすめできません。
転職エージェントは、採用が決定した時の成功報酬で成り立っている事業なので、半年以上だと案件を紹介してくれない転職エージェントもあります。
ゆっくり転職活動をしたい人は、転職サイトを利用するようにしましょう。

(3)転職に慣れている人

転職活動に慣れている人も、転職エージェントのメリットを享受しにくいので、あまりおすすめできないといえるでしょう。
ただ、いくら転職に慣れていても、非公開求人は転職エージェントに登録しないと閲覧することができないので、情報収集の一環として転職エージェントに登録することをおすすめします。

まとめ

本記事では転職エージェントのメリットとデメリットについて解説しました。
履歴書や職務経歴書の添削など、転職サポートも行ってくれる転職エージェントは利用して損はないと言えるでしょう。

ココザスでは、あなたのキャリアパスを一緒に考え、創っていく転職支援を行っています。
自己分析・仕事探し・履歴書/職務経歴書添削・面接サポート・希望年収の条件交渉など、経験豊富な専任のキャリアアドバイザーが内定まで伴走いたします。
転職サポートを受けながら効率よく転職活動を行いたい方はぜひ一度お問い合わせください。

関連記事

Page Top