お金

100万円を投資するなら何がよい?5つの投資方法と成功する秘訣、注意点を解説!

100万円を投資するなら何がよい?5つの投資方法と成功する秘訣、注意点を解説!

「100万円で資産運用はできる?」
「100万円何に投資したらよいの?」
「どれくらい増える?」

投資に回せる資金が100万円ある場合、上記のような疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。投資を行ったことがない方にとっては、そもそも100万円で投資できるのか分からない方もいらっしゃいます。

さらに投資するならできるだけ多く増やしたいという方も多く、どれくらい増えるのかを事前に把握しておきたいところです。

この記事では100万円で投資する場合のおすすめな方法と成功する秘訣、リターンの目安などを紹介します。最後には投資を行う前の準備事項3点を紹介するため、これから投資を始める方は、ぜひ参考にしてください。

中立的な立場で最適な人生設計をサポートします

中立的な立場で最適な人生設計をサポートします

ココザスではお金に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、理想のライフプラン実現をサポートします。

<ココザスの強み>
・営業は一切なし、第三者の中立的で公平な立場でご相談に乗ります
・グループ会社に金融/不動産会社があるからこそ、机上の空論ではない解決策をご提案できる
・24の資格を持つ専門知識の高いコンサルタントが対応

<こんな方はご相談ください>
・貯蓄がなくて、将来が不安だ
・資産形成/運用したいけど何から始めていいのかわからない
・老後資金、教育資金、住宅ローン、保険のお金に悩みがある

プロのFPへ無料で相談する

この記事の監修者

中山 悠司

ココザス株式会社|コンサルタント|FP

中山 悠司

Yuji Nakayama

新卒で大手不動産会社へ入社し、投資用マンションの販売からキャリアをスタート。
一つの商品のみ提案するポジショントークに疑問を感じ、幅広い提案が可能なココザス株式会社へ転職。
FP、証券外務員、生命保険・損害保険など様々な資格も取得。
常により良い提案ができるよう、コンサルタントとして日々活動している。

人生は十人十色。
資産形成も十人十色。

数ある選択肢から一緒に考え、お客様にとって最適なプランを提案する。

100万円で投資はできる

100万円で投資はできる

100万円であれば十分投資することは可能です。さらに資金管理を行い、長期間運用すれば、数百万円にすることだって可能です

昨今では100円から投資を始められる商品が増えてきましたが、現実的なところ数十万円から数百万円は用意しておきたいところです。

もちろん投資額が低いと得られる利益が少なくなりますが、損失が生じた時に耐えられず資金が0円になる可能性が大いに高まるためです。

そのため複数の投資方法に資金を分散して投資する分散投資を行うことが一般的です。その点を踏まえれば100万円は十分な投資額であると言えるでしょう。

100万円を投資するなら何がおすすめ?

100万円を投資するなら何がおすすめ?

では100万円を使って投資するにはどのような方法がおすすめなのでしょうか。ここでは5つの投資方法と、ケース別の投資方法を紹介します。

投資信託

投資信託とは、投資の専門家であるファンドに資金を渡し、運用してもらったのちに分配金などをもらう投資方法です。投資額が大きくなるにつれて得られる利益も大きくなる分、損失も大きくなる特徴があります。

運用は専門家が行うため、投資経験が少ない方でも比較的利益を出すことができます。ただし、元本保証されているわけではないため、場合によっては損失も生じます。

正しい資金配分とファンドの選定がうまくいくと安定した利益が見込める投資方法です。

つみたてNISA

つみたてNISAは積立投資をする際に利用できる少額投資非課税制度のことです。年間40万円まで運用でき、毎月口座から一定額が引き落とされ、金融商品を買い付けていく仕組みです。

つみたてNISAは最大20年間運用することができ、運用益は非課税となるメリットが挙げられます。平均利回りが5%程度であるため、仮に100万円を20年運用(1年間で5万円)

すると、約1,712,613円まで増えます。

とはいえ投資信託同様元本保証されているわけではありません。ただし以下の画像の通り、20年間国内外の株式・債券に分散投資した場合は元本割れすることがないと金融庁は発表しています。

引用|金融庁「つみたてNISAについて

そのためできるだけ損失を抑え、安定的リターンが見込める長期投資を行う方におすすめな投資方法です。

外貨預金

外貨預金は日本円ではなくドルやユーロを貯蓄する方法です。日本では銀行に定期預金してほとんど増えることがありませんが、外国は金利が高いため、より多くの利息を受け取ることが可能です。

例えば1ドル100円の時に購入し、その後110円になったタイミングで日本円に戻した場合、10円の為替差額を受け取ることができます。すなわち、1万ドル(100万円分)購入した場合110万円なってもどってくるという仕組みです。

10ドル上がるケースは珍しいと思う方も多いですが、2011年の時は「1ドル=82円」でしたが、2023年では150円にもなっています。長期間の運用をすれば大きな利益を狙うことも可能です。

ただし、円高になると損をすることになるため注意しなければいけない投資方法です。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは資金を「出資したい人」と「借りたい事業者」をマッチングするサービスのことです。出資者は事業者から利息が付いたリターンを受け取ることができます。

ソーシャルレンディングは数万円出資できるものから数百万円までと幅広い案件があり、多種多様な事業者がいるため、選択肢の幅が広い特徴があります。また平均して利回りが5%〜7%前後となりますが、高い案件では10%を超えるものもあります。

しかし事業者の経営に左右されるため、場合によっては事業者が破産した際は貸し倒れリスクが伴うというデメリットも挙げられます。また投資期間中は解約できないケースが多いため、少額で始めある程度リスクをもって投資したい方におすすめです。

iDeCo

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことを指します。国民年金と厚生年金などとは異なり、私的年金の1つであるため、加入も任意なうえに掛金も一定額まで自由に決めることができます。

さらに運用益が非課税なうえ、掛金は所得控除することができるため、節税しながら運用することが可能です。

掛金は最低5,000円からとなっており、職業などによって掛け金上限が以下の表の通りに定められています。

職業による掛け金上限の違いの表

ただし60歳まで原則引き出すことができない点は注意しなければいけません。またiDeCoも5年などの短期間では元本割れのリスクが伴うため、10年や20年などの長期投資を行うことが大切です。

ケース別の資産運用方法

ケース別の資産運用方法

以下の表はケース別の資産運用方法を項目ごとに分けたものです。

ケース別の資産運用方法

100万円の投資で成功する秘訣

100万円の投資で成功する秘訣

100万円で投資する場合のおすすめな方法を紹介しましたが、どれかに投資すれば成功するというわけではありません。投資資金に関わらず、以下の3つの項目を意識することでより成功する確率が高まります。

目標金額を決める

投資を始める前に、100万円を「いつまでにどれくらいの金額まで増やすのか」の目標を決めておくことが大切です。目標を設定しないと、毎月いくらの運用をするのかだけでなく、投資方法が決まりません。

投資はさまざまな方法によって得られる利益が異なるだけでなく、運用額にも違いがあります。明確な目標を決めずに投資してしまうと、自分に合わない方法を選択してしまったり、損失が出てしまった時に対処できなくなります。

分散投資を行う

資産運用は分散投資を行って損失のリスクヘッジを行っておく必要があります。分散投資とは、複数の投資方法に資金を分けて投資しておくことです。

1つの投資方法だけに100万円を運用したものの、その方法で大きな損失が生じた時は、資金が0円になる可能性も高まります。しかし25万円ずつに分け、4つの方法に投資すれば、損失を最小限に抑えることも可能です。

もちろん投資方法によって為替や株価、金利などの影響で値幅が変動する相関性も考慮して投資先を選ぶ必要があります。しかし万が一に備えて分散投資はしておくべきでしょう。

ハイリターンの投資は控える

ハイリターンな投資方法はハイリスクであるため、大きく増やすことを意識してはいけません

ネット上では「100万円を1,000万円にできた方法!」「100万円があれば大きく増やせる!」などの記事が多数掲載されています。

しかしほとんどの記事が投資詐欺につながるため、絶対に引っかかってはいけません。もちろん正しい方法も掲載されていることもありますが、詐欺が多発しているため注意が必要です。

もちろん経験や知識を積めば将来的にはハイリターンな投資方法で成功することもあります。しかし初心者の方はほとんどのケースで資金が0円になるため長期間の運用で安定できる投資方法を選択しましょう。

100万円で資産運用をしたら、どのくらい増えるかシミュレーション

100万円で資産運用をしたら、どのくらい増えるかシミュレーション

では実際に100万円で資産運用した場合、どれくらい増えるのでしょうか。ここでは投資の平均利回りである、「年利3%」と「年利5%」の場合をシミュレーションします。

100万円で資産運用した場合のシミュレーション

上記の表を見てわかる通り、同じ100万円の投資額でも、投資期間が長くなるほど得られる利益は大きくなることがわかります。

投資を行う前に注意する3項目

100万円は大金で十分な投資額ですが、運用を間違えてしまうとすぐになくなってしまう可能性もあります。そのため投資を行う前に以下の3点をチェックしましょう。

資金管理のルールが決まっている

投資を行う前に、資金管理のルールを定めているのかを確認しましょう。資金管理とは運用資金の管理のことを指し、許容損失額を決めてから投資するために用います。

投資をすると、一時的なだけでなく、長期間にわたって損失が発生することもあります。そのためメンタルにも影響が出てしまい、投資を諦めてしまうことにもつながりかねません。

しかし資金管理を行い、許容損失額を設定しておけば、ある程度の損失が生じてもメンタルにもブレずに投資することができます。

例えば100万円の資金のうち、許容損失額を5%と設定すれば、損失が出ても5万円で済むような金額で投資すると判断することができます。その投資で損失が出ても、損失額が少ないため、次以降の投資で資金を増やすことも可能です。

資金管理のルールは投資家によって異なるため、上記の例は参考程度としましょう。初心者の方は自身でルールを設定するのが困難なため、投資に関する専門家からアドバイスをもらって決めましょう。

損失が出ても問題ないメンタル

投資である以上損失が生じる可能性も高いため、メンタルの強化が必要です。許容損失額を設定しても損失が出るとメンタルに影響が出る方もいらっしゃいます。

メンタルの強化は個人の心情であるため、難しいものですが、先程もお伝えした通り、長期投資の場合、理論上元本割れする可能性がないと金融庁が発表しています。

そのためメンタルに不安のある方は、つみたてNISAなどから始めるのも1つの方法です。また投資を長く行っていると、経験と知識が身につくため、自然のメンタルの強化にもつながります。

専門家からの適切なアドバイス

すぐに投資するのではなく、専門家からアドバイスをもらってから始めることが大切です。行動を先行すると、自分に合った投資方法であるかを判断できずに進めてしまうためです。

しかし専門家からアドバイスをもらえば、自分の時間や資金力にあった投資を見つけることができ、より成功率を高めることができます。

ココザスはファイナンシャルプランナーとしてお客様の資産に関するアドバイザーとして、投資や資産形成、お金に関する悩みなどのご相談を承っております。

100万円で始められる投資を見つけたいという方に向けてお客様に合った投資方法をご提案しております。相談料も無料となっておりますので、ぜひ一度ご連絡くださいませ。

まとめ

まとめ

100万円で投資を始める方は、十分な資金力であるものの、資金管理を徹底し、長期投資すれば将来的に大きな資金にすることができます。

また投資をする際は資金管理のルールと目標金額を決め、分散投資することでより成功率を高めることができます。

もちろん投資方法によって得られる利益は異なるため一概には言えないものの、専門家からアドバイスをもらい、自分に合った投資方法を見つければ安定した利益を得ることができるでしょう。

この記事の監修者

中山 悠司

ココザス株式会社|コンサルタント|FP

中山 悠司

Yuji Nakayama

新卒で大手不動産会社へ入社し、投資用マンションの販売からキャリアをスタート。
一つの商品のみ提案するポジショントークに疑問を感じ、幅広い提案が可能なココザス株式会社へ転職。
FP、証券外務員、生命保険・損害保険など様々な資格も取得。
常により良い提案ができるよう、コンサルタントとして日々活動している。

人生は十人十色。
資産形成も十人十色。

数ある選択肢から一緒に考え、お客様にとって最適なプランを提案する。

保有資格

AFP(日本FP協会認定)

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

・住宅ローンアドバイザー

第一種証券外務員

・生命保険募集人

・損害保険募集人

この監修者の記事を見る

SAME CATEGORY

同じカテゴリの記事

RECOMMEND

この記事を読んだ人に
おすすめの記事

OTHER SEMINARS

この記事に
関連するセミナー

Page Top

FPへ相談されたお客様満足度97%!オンライン相談可!
お金のプロが中立的にアドバイスいたします。

無料で相談する