お金

【年代別】独身男性の平均年収は?中央値や平均貯蓄額まで

【年代別】独身男性の平均年収は?中央値や平均貯蓄額まで

20代や30代といった働き盛りの独身男性は、他人の年収を気にする瞬間があるはずです。
たとえば「同じ年齢の独身男性の平均年収はどの程度なのか」と興味が湧いたりします。
また、年収と同じく貯蓄額にも関心があるのではないでしょうか。

そこで、独身男性の平均年収及び中央値と平均貯蓄額を、年代別に分けてそれぞれ紹介します。
本記事では20代および30代の独身男性の収入や貯金の状況がどうなのかを解説します。
お金に興味がある独身男性は、情報をチェックしてみてください。

独身男性の平均年収及び中央値と平均貯蓄額を調査

20代30代の独身男性の平均年収及び中央値平均貯蓄額をチェックしていきます。
インターネットで公開されているデータを参照して算出した金額は、以下に示す表の通りです。
ただし、金額はあくまで概算なので、参考程度に捉えてください。

表にまとめた数字を見ながら、各年代の収入と貯金について分析していきます。

年代別平均年収中央値平均貯蓄額
20代前半約280万円約220万円約100万円
20代後半約400万円約305万円
30代前半約430万円約330万円約300万円
30代後半約460万円約340万円

20代前半は300万円に届かない場合が多い

20代前半の独身男性は、年収が300万円に届かない場合が多いです。
なぜなら20代前半はまだ学生が多いため、社会に出て働いていないからです。
また、アルバイトの収入だけで生計を立てている人もいます。
そのため平均年収は300万円を割っていますし、中央値も200万円を少し超えた金額となっています。

23歳以上になれば大学を卒業して新社会人として働いていることが多いですが、それでも新人なので高給は見込めません。
初任給の給料がそのまま年収に反映されていると判断できます。

年収が大して高くないのですから、当然のことながら貯蓄する余裕はありません。
20代後半とあわせた平均貯蓄額は約100万円にとどまっていますが、実際には貯蓄0円の人も多いです。

給料の大半が生活費で消えていきますし、20代の独身男性は先のことを考えず目先のことにお金を使う傾向があります。
貯蓄への意識があまり高くないことも影響していると考えられます。

20代後半は平均年収が一気に上がる

20代後半は仕事で結果を出して昇給することが多いため、20代前半と比べて平均年収と中央値が一気に上がっています
昔とは時代が変わり今は年功序列が解消され、実力さえあれば若くても評価されることが多くなりました。
そのような時代背景もあって、20代後半の年収アップに反映されているのでしょう。

また、女性とは異なり、男性は20代後半になったからといって結婚に対して意欲的になるわけではありません。
むしろやりがいのある仕事に就いている場合は、結婚のことを考えずバリバリと仕事に打ち込む独身男性が多いです。
まさに働き盛りの年齢にさしかかっているといえます。

また、その一方で将来をしっかりと見据えて計画的に貯蓄する独身男性もいます。
今は経済的な自立を果たして早期に退職するFIREがトレンドです。
ある程度の年収さえあれば貯蓄は可能です。

30代前半はさらに年収が上がる

30代前半は新卒者のキャリアが10年に到達する年齢で、20代後半よりもさらに年収が上がります。
今は企業の若返りが活性化しているため、30代前半で要職を務めるケースがめずらしくありません。
たとえば主任や部門リーダーなど、若手をまとめる立場で仕事をします。
企業の中心を担うポジションになっていきますし、要職を任される分昇給もします。

また、営業・製造・開発などの各業務で、確かな結果を残し始めるのも30代前半です。
20代の時に得た知識や経験を仕事でフル活用しますし、ノウハウやビジネススキルもある程度身についているからです。

30代前半は結婚する男性も多くなってきますが、20代の時と変わらず未婚のまま過ごす男性もいます。
最近は結婚への意欲が低い男性も存在するなど、以前とは結婚観が変わってきています。

30代後半の独身男性の仕事事情

30代後半になるとプロジェクトマネージャーや開発責任者を任されるなど、企業の第一線で活躍するケースが多くなります。
それらの仕事を任されるぐらいですから、年収もかなりの額に到達するケースが目立ちます。

ただ、中央値は約340万円ほどとなっていて、イメージほどは高くない数字です。
これは企業で要職を任される独身男性がいる一方で、アルバイトで生計を立てるフリーターの独身男性も少なくないからだと推測できます。

フリーターは自分のことで手一杯なので、なかなか結婚に対して意識が向きません。
そのため正社員と非正規雇用で収入的な格差がついてしまうなど、二極化しやすいということがわかります。

独身男性が年収を上げる方法とは

将来のことや老後を見据えて十分な貯蓄を残すには、20代30代の間にどうにかして年収を上げないといけません。
なぜなら年収が高くないと日々の生活に手一杯で、ほとんど貯蓄できないからです。
その日暮らしの状態になってしまいます。

そこで、独身男性が年収を上げるためにおすすめの方法を紹介します。

(1)思い切って転職する

企業に何年か勤めれば、企業の将来性と受け取れる給与の予測ができます。
もしも平均年収よりも高い年収を期待できるなら、無理に転職する必要はありません。
仕事に対して不満があるなら話は別ですが、特に不満がなければそのまま働き続けるのが得策です。

ですが、もしも「年収が安くて生活が苦しい」「仕事を頑張っても給料に反映されない」「これから急成長しそうな企業で働きたい」と思ったなら、意を決して転職するのがおすすめです。
今は転職することが当たり前の時代なので、転職したからといって評価が著しく下がることはありません。
20代や30代といった若い年齢での転職ならなおのことそうです。

今はどの企業も即戦力を求めているため、すぐに現場で活躍できる能力さえあれば惜しみなく報酬を与えるケースが多いです。
自分を高く評価してくれる企業への転職を検討しましょう。

(2)転職が厳しい場合は昇進を目指す

自分が置かれている状況から「今すぐ転職するのは厳しい」と考える独身男性は、昇進を目指すのがオーソドックスな考え方です。

今は年功序列ではなくなってきているため、ただ普通に働いているだけだと昇進は難しいかもしれません。
ですが、それは真面目に働いて成果を出しさえすれば、早めに昇進できるということでもあります。
役職者の平均年収は高額なので、昇進すれば年収アップに期待できます。

ただ、仕事を頑張ったからといって必ず昇進するとは限りません。
人事評価制度にもよりますので、自分なりに最大限努力したにもかかわらず昇進できない場合もあります。
その際は転職する方針に切り替えましょう。

(3)本業以外のサイドビジネスを始める

結婚していない独身男性のメリットは時間があることなので、その時間を使ってサイドビジネスを始めるのも年収を上げる方法の1つです。

昔は本業一筋で脇目を振らずに働くのが常識でしたが、今はそうではありません。
むしろ本業以外の仕事をして収入を得る人が増えてきています。
ネットが広く普及したことで、以前よりもサイドビジネスを始めやすくなりました。

例えばクラウドソーシングサイトを活用してさまざまな仕事を受注したり、せどりを始めてみたりなどです。
これらのサイドビジネスは、ネットが普及したことで、誰でも気軽にできるようになりました。

サイドビジネスが十分な収入になるかどうかは自分の手腕次第ですが、月に何万円かプラスして稼げればその分年収は上がります。
自分の適性やスキルに合ったサイドビジネスを始めてみてはいかがでしょうか。

転職するなら全面的に支援してくれるココザスにお任せ

ココザス株式会社は、希望者の転職を支援する事業を営んでいます。
転職で悩んでいる人を献身的に支えますので、ぜひともサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
なぜココザスの転職支援がおすすめなのかを詳しく解説します。

(1)転職の悩みを無料で気軽に相談

転職の際に何一つ悩まない人は少ないはずで、様々な悩みを抱えているのが一般的です。
中には「どうしたら良いのか」と悩み過ぎ、疲弊してしまう人もいます。

ココザスは相談者の経歴や希望する職種や条件などに耳を傾け、どうすれば良いのかを提案します。
相談料無料なので気軽に相談できます。

(2)ヒアリングの結果をもとにベストの求人を案内

ココザスには7,000社以上もの膨大な求人情報があります。
それらの中からヒアリングの結果をもとにしてベストの求人を案内します。
厳選された求人なので、ミスマッチの可能性は非常に低いです。
転職活動の無駄を省けます。

(3)全面的な支援で希望者を支える

転職希望先が決まった後も、ココザスは全面的な支援で希望者を支えます。
具体的には必要書類の提出準備を整えたり、面接のためにトレーニングも行います。
何かわからない点があればアドバイスしますし、転職活動を二人三脚でサポートします。

(4)転職希望先との交渉もOK

コミュニケーションを取るのが苦手で自信がない人のために、ココザスは転職希望先との条件交渉もしてくれます。
転職希望先の採用担当者に面と向かって「年収アップを希望」とは言いにくいものですが、一歩踏み込んだ内容の交渉も一任できます。

(5)転職成功後も継続してサポート

転職支援がメインのサービスですが、転職成功後もココザスのサポートは継続します。
長きに渡ってできる限りサポートしますので、何か困ったことがあれば気兼ねなく連絡してください。

年収をアップさせたい独身男性には転職がおすすめ

20代と30代の独身男性の平均年収と中央値、平均貯蓄額を年代別にそれぞれ分けて解説しました。

データからわかる通り年齢が上がれば平均年収も平均貯蓄額も増えますが、その一方で今よりもっと年収をアップさせたい独身男性もいるはずです。
将来や老後を見据えたりトレンドのFIREを目指すなら、まだ若いうちから貯蓄を始める必要があります。

独身男性が年収を上げる方法として転職・昇進・サイドビジネスを紹介しましたが、最も推奨したいのは転職です。
ココザスは転職支援事業を営んでいるので、年収アップを目標に転職を希望するならぜひとも相談してみてください。
年収アップの転職が実現するように、スタッフが全面的に支援します。

関連記事

Page Top