お金

長期投資は儲からないと言われる3つの理由とは?成功している人の特徴とおすすめな投資方法を紹介!

長期投資は儲からないと言われる3つの理由とは?成功している人の特徴とおすすめな投資方法を紹介!

「長期投資を始めたけど儲からない」
「成功している人の違いは何?」

投資を始める際は、長期投資がおすすめとよく聞きますが、なかなか利益が出ない方は上記のような悩みを抱いているのではないでしょうか。

確かに長期投資は利益の安定につながりますが、儲からないと言う意見も多いです。しかし実際に長期投資で成功している方もいらっしゃるため、違いを知ることも大切です。

この記事では長期投資は儲からないと言われている3つの理由と成功している方の特徴、長期投資で儲ける方法を紹介します。

中立的な立場で最適な人生設計をサポートします

中立的な立場で最適な人生設計をサポートします

ココザスではお金に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、理想のライフプラン実現をサポートします。

<ココザスの強み>
・営業は一切なし、第三者の中立的で公平な立場でご相談に乗ります
・グループ会社に金融/不動産会社があるからこそ、机上の空論ではない解決策をご提案できる
・24の資格を持つ専門知識の高いコンサルタントが対応

<こんな方はご相談ください>
・貯蓄がなくて、将来が不安だ
・資産形成/運用したいけど何から始めていいのかわからない
・老後資金、教育資金、住宅ローン、保険のお金に悩みがある

プロのFPへ無料で相談する

この記事の監修者

中山 悠司

ココザス株式会社|コンサルタント|FP

中山 悠司

Yuji Nakayama

新卒で大手不動産会社へ入社し、投資用マンションの販売からキャリアをスタート。
一つの商品のみ提案するポジショントークに疑問を感じ、幅広い提案が可能なココザス株式会社へ転職。
FP、証券外務員、生命保険・損害保険など様々な資格も取得。
常により良い提案ができるよう、コンサルタントとして日々活動している。

人生は十人十色。
資産形成も十人十色。

数ある選択肢から一緒に考え、お客様にとって最適なプランを提案する。

長期投資は儲からないと言われる3つの理由

長期投資は儲からないと言われる3つの理由

長期投資は儲かるという意見もあれば、儲からないと感じる人も多いです。どのような理由で儲からないと感じているのかを3つ紹介します。

(1)短期間で利益を出す人が増えた
(2)利益が安定するまで10年以上かかる
(3)市場は暴落することが多い

(1)短期間で利益を出す人が増えた

投資にはFXや株式投資など、短期間で利益を生み出せる人も増えてきたため、長期投資は儲からないと捉える方もいらっしゃいます。

10年や20年などの期間を運用する長期投資と比較すると、数か月や数年で利益を生み出すことが出来る短期投資の方が、魅力を感じるという方が多いためです。

しかし短期投資はハイリスクな投資方法であり、すぐに投資資金が0円になるケースも多いです。そのため経験と知識、資金管理力が求められる投資方法でもあることから初心者には難易度が高いと言えます。

しかしお金の動きだけに着目すると、短期間で成功している方もいらっしゃるため、長期投資と比較するとより目立つことが儲からないと捉えられています。

(2)利益が安定するまで10年以上かかる

長期投資で利益が安定するまでにはおおよそ10年以上かかると言われています。さらに20年以上運用すると、以下の画像のとおり、理論上元本割れすることが無くなります。

金融庁:つみたてNISAについて

引用|金融庁:つみたてNISAについて

もちろん分散投資を行うなどの条件が挙げられますが、長期投資は利益の安定につながります。しかし10年や20年という年数は非常に長いと感じる方も多いため、儲からないと捉えている方も多いです。

(3)市場は暴落することが多い

投資は為替や株価、金利などによって値幅が左右され、暴落すると長期投資とはいえ損失が生まれる場合もあります。そのため、積み上げてきた利益が減ってしまうため、儲からないと捉える方もいらっしゃいます

市場は重要な経済指標や要人発言によって大きく変動します。そのため長期投資を行っていても100%増え続けるということはありません。

しかし「長期投資を行っておけば安泰だろう」と考える人も多く、いざ値幅が変動し利益が減ってしまうと対処できず、失敗したと捉える人も多いです。

しかし値幅が暴落しても長期投資で成功している方はたくさんいらっしゃいます。どのような違いがあるのでしょうか。次の項で詳しく解説します。

長期投資で成功している人の3つの特徴

長期投資で成功している人の3つの特徴

長期投資で安定的に利益を生み出し、成功している方は主に以下の3つの特徴があります。

(1)ポートフォリオの構築ができている
(2)分散投資で損失リスクを抑えている
(3)資金管理が徹底されている

(1)ポートフォリオの構築ができている

長期投資で成功している方は、投資先のポートフォリオの構築を行っています。ポートフォリオとは金融資産の組み合わせのことを指し、配分を考慮することで利益の安定化と損失リスクの軽減につながります。

長期投資は投資先によって暴落が生じることがありますが、一方で大きな利益につながることもあります。すなわちポートフォリオを構築する際は相関性に注意しなければいけません。

例えば株価が関係している株式投資と投資信託を組み合わせると相関性が同じであることから大きな損失が生まれる可能性もあります。

しかし株式投資と金利が関係してくる債券投資などを組み合わせると、最小限の損失に抑えることができます。

長期投資で成功している方は、事前にポートフォリオを慎重に検討し、資金配分を考慮しているため、安定した利益を生み出せている傾向にあります。

(2)分散投資で損失リスクを抑えている

ポートフォリオを構築している成功者は、分散投資も同時に行い損失リスクを抑えています。分散投資とは複数の投資先に投資することを指します。

例えば投資資金100万円を1つの投資で運用してしまうと、大きな利益が狙える一方で損失額も大きくなります。しかし複数の投資先に分配すれば、損失額を抑えることも可能です。

ポートフォリオを構築をする際、相関性を調べ、分散投資をすることで資金を減らすリスクを最小限にしています。長期投資で成功しているほとんどの方が取り入れている方法の1つです。

(3)資金管理が徹底されている

投資は資金が無くなってしまっては運用できなくなるため、成功者は必ず資金管理を徹底しています

投資が100%増えるという保障はなく、場合によっては損失が生まれる可能性も高いです。そのため投資家たちは許容損失額をあらかじめ設定してから投資しています。許容損失額を設定することで、損失が生じても資金を大幅に減らすことがなくなります。

例えば資金100万円の方が株式投資を行う際、許容損失額を5%と仮定すれば、損失額は5万円となります。損失が出ても大きな資金を失うことがなく、なおかつ次の投資に回すことができるようにしています。

許容損失額は投資家によってルールが異なります。長期投資で利益が生み出せていない方は、専門家と一緒に決めることをおすすめします。

長期投資で儲ける3つの方法

長期投資で儲ける3つの方法

長期投資で儲けるためにはどのような方法が挙げられるのでしょうか。ここでは3つの方法を紹介します。

(1)利回りが安定した投資を行う
(2)投資別のリスク管理を行う
(3)専門家と投資方法を決める

(1)利回りが安定した投資を行う

長期投資で儲けるためには、利回りが安定した投資を行うことが大切です。利回りとは投資額に対して資金回収できる割合のことを指します。

投資の種類によって利回りの算出方法や基準が異なるものの、安定した利回りの投資を選ぶことで利益が安定します。

一般的に長期投資の利回りは5%前後が多いですが、株式投資などは数十%になることもあります。しかし高利回り投資はハイリスクなケースが多いため、資金が0円になる可能性も少なくありません。

【利回りの良い投資先】
1:FX
2:仮想通貨
3:株式投資 など

もちろんハイリスクな投資はハイリターンになる魅力もありますが、知識や経験がない方が始めるとただのギャンブルにもなりかません。

そのため長期投資で儲けるためには、安定した利回りの投資から始め、長い目で運用することが大切です。

(2)投資別のリスク管理を行う

投資別のリスク管理を事前に把握してから行うことが大切です。長期投資で利益を安定させるためには、投資方法ごとの損失が生まれる理由や値動きなどについて調べる必要があります。

調べずに投資を行ってしまうと、損失が出た時に対処できず、資金がなくなるリスクが高まります。

また損失を最小限にするためにも事前に許容損失額のルールを決め、投資別の相関性を理解することで、正しいポートフォリオを構築することが大切です。

先程もお伝えしたとおり、長期投資で成功している方はポートフォリオを構築し、分散投資を行っていることから成功するためには必須事項であることがわかります。

とはいえ投資別のリスク管理を行うには、事前に投資に関する知識が必要です。

すぐに投資を始めるのではなく、リスクについて勉強してから始めるようにしましょう。

(3)専門家と投資方法を決める

長期投資で儲けるためには、専門家と投資方法を決め、ポートフォリオを構築することが大切です

ポートフォリオの構築は、投資ごとの内容やリスクを網羅しておかなければ、正しい組み合わせにすることができません。しかし投資の組み合わせは経験者でも難易度が高いことから、専門家と一緒に決めるようにしましょう。

ココザスではお客様の資産状況や投資に回せる時間などをヒアリングさせて頂き、最適な投資方法をご提案しております。また一から利益が安定するまでの戦略立案や、運用後のサポートもさせて頂きます。

長期投資で利益が出ないと感じる方は、現在行っている投資の見直しをさせて頂き、正しいポートフォリオを一緒に構築致します。また初心者の方でも相談を承っておりますのでぜひご相談くださいませ。

長期投資におすすめな3つの方法

長期投資におすすめな3つの方法

ここでは長期投資におすすめな3つの投資方法を紹介します。

(1)つみたてNISA
(2)iDeCo
(3)投資信託

(1)つみたてNISA 

つみたてNISAは積立投資をする際に利用できる少額投資非課税制度のことです。年間40万円まで積み立てることができるうえ、運用益は非課税となる特徴があります。

つみたてNISAは口座から毎月資金が引き落とされ、金融商品を買い付ける仕組みであるため、ほったらかしのまま運用することができます。

さらに20年と長期間、株式や債券と分散投資を行えば理論上元本割れすることがないと金融庁が発表しているため、安定した利益を生み出すことができます。

また2024年度より新NISAがスタートし、年間120万円まで運用できます。そのため自分の資金力に合わせて始められる投資としても注目されています。

ただしつみたてNISAは途中で解約することもできますが、5年などの短期間の運用では元本割れのリスクが伴うため注意しなければいけません。

(2)iDeCo

iDeCoは個人型確定拠出年金のことを指します。国民年金や厚生年金と異なり、私的年金の1つです。

掛金は毎月5,000円~最大で68,000円までと1,000円単位で自由に運用することができ、なおかつ全額所得控除になるメリットが挙げられます。さらにつみたてNISA同様、運用益に関しては非課税です。

iDeCoは毎月口座から資金が引き落とされ、運営管理機関が選定する運用商品の中から、自由に組み合わせて運用することができます。

運用管理機関とは厚生労働省と金融庁の承認を受けた、確定拠出年金制度の運営管理を行う専門機関のことを指します。そのため信頼度が高い運用商品を選べるという特徴が挙げられます。

また企業年金連合会が発表した確定拠出年金に関する実態調査|統計資料によると以下の画像のとおり2021年度の利回りは3.5%が平均となります。

確定拠出年金に関する実態調査|統計資料

上記の図を見て分かるとおり、元本割れ(0%以下)している割合は4.2%ほどしかありません。そのため比較的リスクを抑えて始められる投資としても人気があります。

(3)投資信託

投資信託は専門家であるファンドに資金を渡し、運用して得られる利益を投資家へ分配する方法です。

専門家が投資銘柄の選定と運用を行ってくれるため、長期投資で利益が生み出せない方におすすめです。

ただし、100%資金が増えるという保証はなく、ファンドの運用が失敗した場合は損失が生まれる場合もあります。そのため1つだけに投資するのではなく、分散投資を行うことが大切です。

とはいえ長期投資で失敗ばかりしている方は、専門家に任せるのも1つの選択肢といえるでしょう。ココザスではおすすめの投資信託などの紹介も行っているため、ぜひ一度ご相談くださいませ。

まとめ

まとめ

長期投資が儲からないと言われる理由は、短期投資と比べると利益がでるのに時間がかかってしまったり、市場の暴落によって利益が減ってしまうことなどが挙げられます。

確かに株式投資やFXなどの短期間で利益を生み出すことができる方法と比較すると、時間効率は悪くなります。しかし長期投資で成功している方は、目先の利益より損失を最小限にすることを意識していることが、投資の世界で長く利益を生み出している要因にもなります。

長期投資で儲けるためには、ポートフォリオを構築し、分散投資を行いながら損失リスクを軽減させることが大切です。とはいえポートフォリオの構築が重要なカギとも言えるため、専門家に相談しながら投資方法を決めていきましょう。

この記事の監修者

中山 悠司

ココザス株式会社|コンサルタント|FP

中山 悠司

Yuji Nakayama

新卒で大手不動産会社へ入社し、投資用マンションの販売からキャリアをスタート。
一つの商品のみ提案するポジショントークに疑問を感じ、幅広い提案が可能なココザス株式会社へ転職。
FP、証券外務員、生命保険・損害保険など様々な資格も取得。
常により良い提案ができるよう、コンサルタントとして日々活動している。

人生は十人十色。
資産形成も十人十色。

数ある選択肢から一緒に考え、お客様にとって最適なプランを提案する。

保有資格

AFP(日本FP協会認定)

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

・住宅ローンアドバイザー

第一種証券外務員

・生命保険募集人

・損害保険募集人

この監修者の記事を見る

SAME CATEGORY

同じカテゴリの記事

RECOMMEND

この記事を読んだ人に
おすすめの記事

OTHER SEMINARS

この記事に
関連するセミナー

Page Top

FPへ相談されたお客様満足度97%!オンライン相談可!
お金のプロが中立的にアドバイスいたします。

無料で相談する