お金

【完全版】太陽光発電投資とは?仕組み・利回り・初期費用まで解説!

  • #太陽光発電投資

【完全版】太陽光発電投資とは?仕組み・利回り・初期費用まで解説!

最近SDGsの観点から太陽光発電が注目されており、太陽光発電投資が投資として人気が高まっています。
しかし「太陽光発電投資ってどうやって儲かる?」「太陽光発電投資は他の投資と何が違うの?」という悩みを持たれている方が多いです。

太陽光発電投資に興味を持たれた方は(1)投資に対する基礎知識(2)投資の始め方と出口戦略、そして(3)制度や税金などのお金に関することの3つのポイントを押さえておくことをおすすめします。

今回は、一つ目の太陽光発電投資の基礎知識として、投資の仕組みやメリットデメリットなどを網羅的にまとめていきます。

<関連記事>
・投資の始め方と出口戦略
太陽光発電投資の始め方は?出口戦略まで完全攻略

・制度や税金などのお金に関すること
太陽光発電投資の制度まとめ!かかる税金や確定申告まで完全解説

太陽光発電投資で押さえておくべき「基礎知識」

太陽光発電投資を始めるにあたって、必ず押さえておくべき基礎知識は以下のポイントがあります。

(1)太陽光発電投資の仕組み
(2)太陽光発電投資の利回り
(3)太陽光発電投資が向いている人・向いていない人
(4)太陽光発電投資の新築・中古の特徴
(5)太陽光発電投資の注意・失敗事例
(6)太陽光発電投資とローン
(7)太陽光発電投資と他の投資との違い

太陽光発電投資は、投資の1つです。
基本的には、どのような仕組み、どのくらいの利益が得られるかをしっかりと確認します。
その上で、収益を上げるために重要な要因にはどのようなものがあるかを押さえておきましょう。

この記事では、太陽光発電投資について全く知らない方でも「基礎知識」を網羅的に学ぶことができます。
より詳細な内容やもっと知りたい方は、各項目で紹介する別記事を参考にしてみてください。

個人で取り組める太陽光発電投資の仕組みとは?

太陽光発電投資とは?

太陽光発電投資とは、太陽電池を利用して生み出したエネルギーを、電力会社に売却して利益を獲得する投資方法です。
太陽電池と言えば、住宅の屋根に取り付けるものを真っ先にイメージすると思いますが、太陽光発電投資ではより発電出力や効率が高い「事業用設備」を用いて行われます。

太陽光発電には、10kW未満の「住宅用」と10kW以上の「事業用」の2種類があり、投資や事業として使用する場合には、後者の事業用を用いることでより大きな利益を得ることができるとされています。
そして、太陽電池は、長期利用を前提に設計されているため、15年、20年と運用することで初期投資費用以上の利益を得ることができる投資手法です。

太陽光発電投資のメリットとデメリット

太陽光発電投資は、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット
・国の制度によって収益が安定している
・安定かつ高い利回りが期待できる
・手元資金が少なくても始められる

デメリット
・初期費用やランニングコストが必要になる
・発電量(収益)が天候や季節に左右される
・盗難対策等の追加コストが発生する可能性がある

太陽光発電投資の最大のメリットは、安定性と高利回りによる利益を確保できることです。
また、太陽光発電ローンの活用が可能で、手元資金が少ない場合でも、投資を始められることが大きな特徴です。

一方で、株や投資信託などと異なり、ある程度の初期費用やランニングコストが発生します。
また、収益が安定しているとはいえ、発電量に影響を与える天気自体を変えることはできません。
総じて、太陽光発電投資は中長期的に運用することで、初期費用は必要になりますが、高い利回りを活かして利益を積み重ねる投資と言えるでしょう。

まだ、太陽光発電投資の基礎知識やメリット、デメリットなどをもっと知りたい方は、「【初心者向け】太陽光発電投資とはどんな投資?メリット・デメリットを理解しよう!」を参考にしてみてください。

「太陽光発電投資は、企業などでなくても個人で取り組むことができるのか?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。
結論、主婦の方やサラリーマンの方などの「個人」で取り組むことができます。
個人の場合、投資できる金額にもよりますが、一般的には10年前後で投資費用を回収でき、それ以降の期間は利益として手元に残る資金となります。

詳しくは「個人で取り組める!太陽光発電投資のメリットとデメリット」を参考にしてみてください。

太陽光発電投資の利回りや投資の回収期間はどのくらい?

太陽光投資の利回りはどのくらい?

利回りとは、投資資金に対して1年間の収入や利益の割合を示した用語です。
1年間で購入した投資商品価格の何%を回収できるという指標になります。

また、利回りには「表面利回り」と「実質利回り」の2種類があり、後者は年間の収益から経費を指し引いた金額を用いて利回りを計算します。
そのため、より正確な投資の収益性を把握することが可能になります。

では、太陽光発電投資の利回りはどのくらいなのでしょうか?
一般的には、約10%前後とされており、1,000万円を投資した場合、年間100万円の利益を生み出していることになります。

しかし、これはあくまで一般的な数値であり、個々人の投資額や投資内容などによって異なってくるため必ずご自身で利回りを計算することが重要です。
利回りが低い場合は、そもそも投資をすべきでないと判断しなければならないかもしれません。

利回りの具体的な計算方法などは「太陽光発電投資の利回りを理解しよう!計算方法とチェックポイント」を参考にしてみてください。

太陽光発電投資の初期投資費用の回収期間はどのくらい?

次に、太陽光発電投資を始めて自分自身の資産として手元にお金が残るのはいつぐらいになるのでしょうか?
それは、回収期間を見ると分かります。

太陽光発電投資の投資回収期間の目安は、おおよそ10年程度とされています。
つまり、太陽光発電投資は、短期間で資産を築く投資方法ではなく、比較的長いスパンで運用することで大きな資産を築く方法になります。

では、具体的に回収期間はどのように算出されるのでしょうか?以下の計算式で求めることができます。

投資金額(初期費用)÷ 年間収益 = 回収期間(年)

なお、正確な投資金額は、メンテナンス費用や保険費用などのランニングコストも含まれてきます。
年間収益は、売電単価×年間発電量によって算出することができます。
より詳細な回収期間の計算方法やなどは「太陽光発電投資の回収期間は?実質利回りや必要経費を見て計算しよう」を参考にしてみてください。

【最新版】太陽光発電の売電価格はいくら?

太陽光発電投資における利回りや回収期間に大きく影響するのが、発電した電力の売電価格です。
単価が高ければ高いほど、投資による収益性にプラスに働きますが、ここ数年経時的に売電価格は低下傾向にあるのが特徴です。
では、2022年度の売電価格はいくらか確認してみましょう。

1kW当たり10kW未満10kW~50kW未満50kW以上
2022年度17円11円10円

このように設置した太陽光電池の規模によって、売電価格単価は定められています。
昔に比べると価格は下がってきてはいますが、まだまだ投資として収益化するには十分な価格が維持されています。

収益性に大きな影響を与える太陽光発電の売電価格の推移などの詳細は「2022年・2023年の太陽光発電の買取価格・売電価格は?」を参考にしてみてください。

太陽光発電投資はサラリーマンや主婦でもできるの?

昨今の投資による資産形成が注目を浴びる中、太陽光発電投資はサラリーマンや主婦の方にとっておすすめできるのでしょうか?
結論、サラリーマンや主婦など投資に対して多くの時間を割けない方にこそ太陽光発電投資が向いていると言えるでしょう。

サラリーマンなどに太陽光発電投資がおすすめな理由
・投資運用が簡単でリスクが比較的低いため
・ローンなどの融資が受けやすいため

太陽光発電投資は、不動産投資などと同様に運用を始めると管理会社が仲介する形で運用を代行してくれます。
そのため、管理費等の一部費用は発生しますが、直接的な労力はほとんどかかりません。
また、定職についているサラリーマンの方の場合、金融機関からの信用度が高く、投資を始める際のローン審査等にも有利に働きます。
つまり、サラリーマンの方こそ、太陽光発電投資が向いているとも言えるでしょう。

一方で、太陽光発電投資は、本業とは別の収益を得る投資の1つです。
確定申告等による税務申告等が必要になる点は、留意が必要です。

太陽光発電投資が向いている方の特徴やその理由、注意点などの詳細は「サラリーマンに太陽光発電投資がおすすめな理由!」を参考にしてみてください。

太陽光発電投資は中古物件で始めたほうがお得?

太陽光発電投資をするには、不動産投資のように新築物件か中古物件どちらで始めるか迷ってしまうかもしれません。
太陽光発電投資は、中古物件で始めるべきなのでしょうか?

太陽光発電投資における「中古」物件のメリットとデメリット

太陽光発電投資における新築及び中古物件の特徴を表にまとめてみました。

中古新築
メリット・FIT単価の高い施設に投資できる
・高利回りの掘り出し物件が見つかる可能性がある
・事業計画が立てやすい
・購入後すぐに収入が得られる
・物件数が豊富で選択肢が広い
・設備劣化の心配がなく、安定的な収益化が図れる
・投資費用回収後の選択肢がある
デメリット・設備の劣化の可能性がある
・FIT制度の適用期間が短い
・あくまでシミュレーションでの契約
・予期せぬトラブルリスク

中古物件の特徴は、FIT制度を引継ぎ単価の高い売電価格で収益を確保できることです。
一方で、設備の劣化などの思わぬリスクにさらされる可能性もあるため、購入前の見極めやシミュレーションが大切になります。

新築物件の特徴は、ゼロから選択が可能なため、選択肢が広いことです。
さらに、機器トラブル等のリスクも低いため、余計な出費などが少ないです。
一方、盗難や発電状況など、設置してみないと分からなこともある中で、思わぬトラブルなどのリスクはどうしても生じてしまいます。

どちらが良いと断言はできませんが、両方のメリットとデメリットを理解して、自身の投資手法に合うものを選択することが重要です。
太陽光発電投資における中古物件の特徴に関する詳細は「2022年に太陽光発電投資するなら中古がいい?メリットやデメリットを解説」を参考にしてみてください。

太陽光発電投資で「中古」物件を選ぶときの注意点

予算や手軽さなどから中古物件への投資を検討する際、どのような点に注意したらよいのでしょうか?

1:周辺環境を確認する
2:過去の管理状況を把握する
3:物件の保証期間や保証内容などを確認する

これらの注意ポイントは、中古物件のメリットでもありデメリットである部分です。
太陽光発電投資においては、立地や周辺環境が非常に重要です。
さらに、設備の劣化等のリスクや不安がつきものであり、投資する上では必ず確認しておきましょう。

太陽光発電投資の物件選びの注意点などの詳細は「太陽光発電投資を稼働済の中古物件で始めるメリットと注意点」を参考にしてみてください。

太陽光発電投資における「低圧・高圧」とは?

太陽光発電投資でよく出る言葉に、低圧、高圧というものがあります。
この2つの違いは、太陽光発電機器における設備容量の違いを指しています。
低圧は50kW未満であり、高圧は50kW〜200kW未満と定められています。
ひと言でいえば、大規模な太陽光発電を行える設備かどうかを示すものです。

では、太陽光発電投資を始めるにあたって、どちらの設備容量のほうが良いのでしょうか?
その答えは、自身の投資スタイルや投資の目標などによって、選ぶべき選択肢は異なります。
なぜならば、それぞれの設備容量においてメリットデメリットがあり、運用コストの違い、投資の始めやすさ、初期費用の高さなどが違うからです。
太陽光発電投資に興味関心がある方は、まず投資の目標を考えてみると、自身に適した投資内容が自ずと決まってくるはずです。

低圧、高圧のそれぞれの特徴やメリットデメリットなどの詳細は「太陽光発電投資の低圧と高圧の違いは?制度にも違いがあるの?」を参考にしてみてください。

太陽光発電投資の失敗事例から学ぶ後悔しない方法

投資を始める人の多くは、失敗したくない、投資で後悔したくないという思いを必ず持っているのではないでしょうか?
今回は、太陽光発電投資におけるよくある失敗を元に具体的な回避策までをご紹介します。

太陽光発電投資でよくある失敗

太陽光発電投資を実施する上で、よくある失敗は大きく5つに分類できます。

1:物件選びでの失敗
2:業者選びによる失敗
3:保険による失敗
4:適用制度に対する知識不足による失敗
5:機器メンテナンス不足による失敗

太陽光発電投資は初心者やサラリーマンの方でも簡単に始められるなどの口コミから、業者から勧められるがまま投資してしまったなどの相談を受けることもあります。
太陽光発電投資が注目を浴びるようになってから10年程度が経ちますが、これまでの失敗から学ぶことで、太陽光発電投資でより良い資産形成ができるはずです。

太陽光発電投資で失敗を回避する方法

では実際に失敗しないために初心者の方は、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

太陽光発電投資において、もっとも重要なのは収益の源となる発電量をしっかりと確保することです。
そのため、発電量を担保できる立地であるか、メンテナンスされた太陽光パネルであるかなどを綿密に確認しておくことが重要です。
また、盗難や悪徳業者などの存在もあるため、複数業者から話を聞いたり専門家に相談をするなど、他者を頼ることも失敗しないためには必要です。

太陽光発電投資は「ほったらかし投資」と呼ばれるほど初心者の方に向いている投資の1つです。
でも、失敗しないためにしっかりと知識を身に着けておくことが最低条件なので、本記事で紹介する内容をしっかりと確認していきましょう。

具体的な10個の失敗事例、詳細な回避策を知りたい方は「太陽光発電投資の失敗とは?10個の失敗例と回避策まとめ」を参考にしてみてください。

ローンで始める太陽光発電投資の注意点

太陽光発電投資を始めてみたいけど手元資金がない、などで諦めていませんか?
太陽光発電投資は、ローンを活用して始めることができる投資商品です。

太陽光発電投資のローンはどこで組むの?

太陽光発電投資は、銀行や政策金融金庫、信販会社、信用金庫からのローンが一般的です。

それぞれの金融機関のメリットデメリットは、下記で紹介する記事で解説しているので割愛しますが、審査の厳しさ、金利の高さ、契約条件などの観点でそれぞれ特徴があります。

太陽光発電投資は、ローンを用いて投資を始めることが多く、サラリーマンの方に特におすすめされています。
その理由は、サラリーマンの方は信用性が非常に高く、銀行などからの融資を比較的受けやすいためです。
融資が受けられる、受けられないは個々人の状況によって異なるため、ご自身に最適な金融機関を探すことが大切です。

太陽光発電投資のローンを組む際の注意点

太陽光発電投資でローンを組む際に注意すべき点は「返済がしっかりとできる投資先か?」を確認した上で投資を始めることです。
つまり、投資額に見合う利回りが得られ、安定的に収益が得られる物件かどうかということです。
これは、前項でも紹介した「太陽光発電投資の失敗事例と回避策」を理解し、きちんと事前に情報を集めておくことで対策ができます。

また、太陽光発電投資を始めるにあたっては、ローン以外での資金調達方法も存在します。
投資を始める上では、さまざまな情報収集を行い、ご自身に合った方法で取り組みましょう。

ローンを組む金融機関ごとの特徴、ローン契約の注意点などの詳細は「ローンで始められる!太陽光発電投資の融資で注意するポイント」を参考にしてみてください。

太陽光発電投資と不動産投資どっちがおすすめ?

太陽光発電投資と不動産投資のメリットデメリット

様々な投資を検討するにあたって、太陽光発電と不動産どちらがいいか迷われている方も多いのではないでしょうか?
まずは、それぞれの特徴をまとめてみましょう。

太陽光発電投資不動産投資
メリット・ローリスクで安定性が高い
・売却手続きが簡便
・資産として残る
・節税効果を得られる
デメリット・収益が天候に左右される
・資産性が低い
・流動性が低い
・空室リスクなどの収益が不安定になる可能性がある

いずれの投資でも、メリットデメリットが存在するため、投資の目的に応じて選択することが重要です。
より詳細な各投資のメリットデメリットなどの特徴は「投資をするなら「太陽光発電投資」と「不動産投資」どっちが良い?」を参考にしてみてください。

太陽光発電投資と不動産投資はどちらがおすすめか

どちらの投資がおすすめかという点では、投資の目的によって異なると言えるでしょう。
例えば、投資の目的をどれだけ多くの利益を得られるかという「収益性」に置いた場合を考えてみましょう。
太陽光発電投資の利回りは、一般的に10%前後と言われ、10%以上の利回りが得られることもあります。
しかし、不動産投資の利回りは5~8%程度であり、物件によっては数%などのものもあり、収益性の観点では太陽光発電投資の方がおすすめと言えるでしょう。

しかし、資産性の観点、運用の簡便さの観点など様々な目的や視点で、おすすめ投資は変わってきます。
各投資を比較した情報や詳細は「太陽光発電投資と不動産投資を比較!メリット・デメリットやリスクの違いは?」を参考にしてみてください。

まとめ

この記事では、太陽光発電投資の基礎知識として、押さえておくべき7つのポイントを紹介しました。

太陽光発電投資をはじめとする投資においては、基本的な仕組みや特徴、注意点を理解しておかないと思わぬ失敗(損失)をしてしまう可能性があります。
太陽光発電投資を始めるか迷っている方や不安な方は、ぜひ本記事で紹介している内容や参照記事で理解を深めてもらえると嬉しいです。

ココザスでは太陽光発電投資についてのご相談が可能です。
これから始めてみたいけれどどうすればよいのか分からないというご相談から、今持っている発電所の売却を検討しているという方まで、様々な状況に合わせてアドバイスをさせていただきます。
まずは気軽にご相談ください。

関連記事

Page Top